生年月日データベース

ギュスターヴ・フローベールGustave Flaubert

作家[フランス]

1821年 12月12日

1880年 5月8日 死去享年60歳
ギュスターヴ・フローベール - ウィキペディアより引用

ギュスターヴ・フローベール(フロベール)(Gustave Flaubert 発音例、1821年12月12日 - 1880年5月8日)はフランスの小説家。
ルーアンの外科医の息子として生まれる。
当初は法律を学ぶが、てんかんの発作を起こしたことを機に文学に専念。
1857年に4年半の執筆を経て『ボヴァリー夫人』を発表、ロマンティックな想念に囚われた医師の若妻が、姦通の果てに現実に敗れて破滅に至る様を怜悧な文章で描き、文学上の写実主義を確立した。
他の作品に『感情教育』『サランボー』『ブヴァールとペキュシェ』など。
フロベールは作品の中から作者の主観を排除し、客観的で精密な文体を通じて作中の人物に自己を同化させることを信条とした。
風紀紊乱の罪が問われた『ボヴァリー夫人』裁判中に語ったといわれる「ボヴァリー夫人は私だ」という言葉は、彼の文学的信念を端的に表すものとしてよく知られている。
生涯 少年期 ノルマンディー地方の都市ルーアンにて、外科医アシル=クレオファス・フローベールとアンヌ=ジュスティーヌ・フローベール(旧姓フルーリオ)の間に生まれる。

映像作品

関連書籍

Gustave Flaubert フランスの小説家。 1821年12月12日、生まれ。1880年5月8日、死去。 19世紀・近代レアリスムの祖とされる。 また20世紀になってから、ただの「レアリスムの祖」にとどまらない特異な作風が、若い作家や思想家に注目されるようになる。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • ボヴァリー
  • 夫人
  • 作品
  • サランボー
  • フランス
  • ブヴァール
  • ペキュシェ
  • ルーアン
  • 三つ
  • 主義
  • 作家
  • 写実
  • 寡作
  • 少年期
  • 影響
  • 後世
  • 感情
  • 教育
  • 文学
  • 物語
  • 生活
  • 生涯
  • 隠棲
  • フロベール
  • ロマンティック
  • 主要
  • 主観
  • 作中
  • 作者
  • 信念
  • 信条
  • 医師
  • 同化
  • 執筆
  • 外科医
  • 姦通
  • 専念
  • 小説家
  • 当初
  • 息子
  • 想念
  • 排除
  • 文体
  • 文章
  • 法律
  • 現実
  • 発表
  • 破滅
  • 確立
  • 端的
  • 精密
  • 紊乱
  • 自己
  • 若妻
  • 裁判
  • 言葉
  • 風紀