生年月日データベース

山田道美やまだみちよし

将棋棋士[日本]

1933年 12月11日 生 (満85歳)

山田 道美(やまだ みちよし、1933年12月11日 - 1970年6月18日)は昭和期の将棋棋士。
金子金五郎九段門下。
愛知県名古屋市出身。
棋歴 1960年初参加の順位戦B級1組で5勝7敗の成績ながらも降級するが、翌期すぐB級1組へ復帰。
一年間の病気休場を余儀なくされたりと停滞した時期もあったが、やがてA級に定着し、第一線で活躍するようになる。
1964年初参加のA級順位戦で優勝し、第24期(1965年)名人戦で大山康晴に挑戦。
打倒大山に激しい闘志を抱いていたが1-4で敗退。
再度大山に挑んだ第15期王将戦でもフルセットの末に敗れる。
3度目の挑戦となった1967年第10期棋聖戦で大山を下し、初タイトルを獲得。
半年後の第11期棋聖戦で、中原誠の挑戦を退けて防衛。
しかし、翌期、連続挑戦してきた中原から棋聖位を奪われる。
これが奇しくも、その後一時代を築く中原にとっての初タイトルであり、また、山田の生涯におけるタイトルの終止符であった。
1970年に現役A級在位のまま特発性血小板減少性紫斑病により36歳の若さで急死。

関連書籍