生年月日データベース

綾小路きみまろあやこうじきみまろ

漫談家[日本]

1950年 12月9日 生 (満68歳)

綾小路 きみまろ(あやのこうじ きみまろ、1950年12月9日 - )は、日本の漫談家、お笑いタレント。
本名、假屋 美尋(かりや よしひろ)。
以下本項では本人を「きみまろ」「本人」「自身」等と表記する。
鹿児島県曽於郡松山町(現・志布志市)出身。
5代目鈴々舎馬風門下。
あん摩マッサージ指圧師の国家資格を保有。
現在の家族構成は本人、母、5歳違いの弟、妻、子供3人。
父親は1997年、本人が40代後半の時亡くなったが、生前は馬の種付けや農業をしていた傍ら、戦時中は徴兵されて戦地に出向いた事もある。
鹿児島県立末吉高等学校、拓殖大学商学部卒業。
身長165cm、体重70Kg。
血液型はO型。
「落語協会」会員である。
また、日本の司会者統括団体である『日本司会芸能協会』の理事も務めている。
芸風は立川談志、上岡龍太郎、ビートたけし、毒蝮三太夫等によって確立された毒舌漫談というジャンルであるが、中高年世代が持つ人生の悲哀をユーモラスに語るのが特徴で、とりわけ中高年(メインは1940年代後半以降の所謂団塊世代。

映像作品

関連書籍

音楽作品

本名 假屋 美尋 サイズ H.1650mm W.76000g F.10文半   特殊技能 あんまマッサージ師免許 好きな言葉 感謝の心「花は色、人は心」 好きな花 野に咲く花 PR 派手な服&草むしりが好き 芸歴 1979(S54)年 日劇より漫談でデビュー 1981年〜森進一専属司会 1991年〜小林幸子専属司会 1995年〜伍代夏子ショー専属ゲスト出演 大学を卒業後、日本一の漫談家を目指す。1979(S54)年 日劇より漫談でデビュー 1981年〜森進一専属司会 1991年〜小林幸子専属司会 1995年〜伍代夏子ショー専属ゲスト出演 巧みな話術を買われて、かつて有楽町にあった日劇への出演をきっかけに、日本を代表する様々な劇場に出演。 語り口は立て板に水、しかも口跡の調子テンポともにユニークで耳を飽きさせない。そのおしやべりは、大きな反響を呼んでいます! (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • お笑い
  • きみまろ
  • アルバム
  • グラフィー
  • シングル
  • スタイル
  • ソフト
  • タレント
  • ディスコ
  • バラエティ
  • ビデオ
  • 傾向
  • 書籍
  • 曽於郡
  • 漫談
  • 関連
  • 鹿児島県
  • かりや
  • よしひろ
  • 假屋
  • 本名