生年月日データベース

菊地英昭きくちひであき

ミュージシャン・THE YELLOW MONKEY[日本]

1964年 12月7日 生 (満54歳)

菊地英昭 - ウィキペディアより引用

菊地 英昭(きくち ひであき、1964年12月7日 - )は、日本のギタリスト。
東京都日野市出身、八王子市育ち。
血液型はO型。
日本大学文理学部応用地学科卒業。
1986年12月、KILLER MAYのギタリストとしてメジャーデビュー。
同バンドのドラマー菊地英二は実の弟である。
1989年3月に解散。
1992年12月、弟の英二に誘われ、THE YELLOW MONKEYのギタリストとして二度目のメジャーデビュー。
バンドネームはEMMA(エマ)。
2004年7月に解散。
その後、吉井和哉、吉川晃司などのレコーディングやライブサポートを行い、2008年10月にインディーズ・レーベル“Brainchild’s Music(ブレインチャイルズミュージック)”を設立。
YOSHII LOVINSONの2ndアルバム『WHITE ROOM』にギタリストとして参加した。
そのアルバムではEMMARSONに(『WHITE ROOM』のクレジットに記載)なっていた。
映画『太陽にほえろ!』のテーマソングのギターも担当している。

映像作品

関連書籍

元THE YELLOW MONKEYのギター。愛称はEMMA。 過去にキラーメイ(ヘヴィメタバンド)としてもメジャーデビューした経験を持つ。 名前の由来は、キラーメイ時代にちょっとエッチさを連想させる「エマニュエル夫人」から取った。 1964.12.7生まれ。O型。 バンドのボーカルだった吉井和哉のソロプロジェクトであるYOSHII LOVINSONのCD・アルバムや、2005年6月から8月にかけて行われた初ソロライブツアー「at THE WHITE ROOM」のサポートバンドメンバーとしても参加。 大の車好き(特にポルシェ)で、ギターにエンブレムを貼っていたことも。 THE YELLOW MONKEY時代(およびキラーメイ)のドラム(菊地英二/ANNIE)は実の弟。 ■書籍: (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • ギタリスト
  • エピソード
  • デビュー
  • ドラマー
  • バンド
  • メジャー
  • 八王子市
  • 吉井和哉
  • 吉川晃司
  • 学部
  • 文理
  • 日本大学
  • 書籍
  • 菊地英二
  • 解散
  • 関連
  • エマ
  • ネーム
  • レコ
  • 出身
  • 卒業
  • 地学科
  • 応用
  • 英二
  • 野市