生年月日データベース

フランク・ステラFrank Stella

画家[アメリカ]

1936年 5月12日 生 (満82歳)

フランク・ステラ - ウィキペディアより引用

フランク・ステラ(Frank Stella, 1936年5月12日 - )は、20世紀~21世紀のアメリカの画家、彫刻家。
戦後アメリカの抽象絵画を代表する作家の1人。
マサチューセッツ州、ボストン郊外モールデンに生まれ、プリンストン大学で美術史を学ぶ。
初期にはミニマル・アート風の作品、シンメトリカルな色面構成の「ハードエッジ」風の作品を手がけていたが、80年代以降大きく作風を変え、さまざまな色彩を施された、さまざまな形態の破片・ねじ曲げられた平面・立体物が、大画面に貼り付けられたりそのまま組み合わされて壁面や床に置かれたりした、2次元の枠を超えて炸裂する絵画とも立体ともつかないダイナミックな作品を制作している。
日本では、川村記念美術館がステラ作品の世界的なコレクションで知られている。
代表作 グラン・カイロ(1962)(ニューヨーク、ホイットニー美術館) 参考文献 『Prints of Frank Stella: A Catalogue Raisonne』(Richard H. Axsom、Hudson Hills Press、1983) 『Frank Stella: Paintings 1958 to 1965 : A Catalogue Raisonne』(Lawrence Rubin、Workman、1986) 『フランク・ステラ』(北九州市立美術館 川村記念美術館、北九州市立美術館、1991)。

映像作品

関連書籍

DMM音楽作品

  • 纐纈歩美/アクアレール(通常盤)
  • 纐纈歩美/アクアレール(初回限定盤)(DVD付)

1936年、ボストン郊外のモールデンに生まれる。 1959年ニューヨーク近代美術館(MoMA)で開催された「16人のアメリカ人」展に招待され『ブラック・ペインティング』3点を出品、黒のストライプで画面をオール・オーヴァーに埋めた作品は当時の美術界に衝撃を与えた。以後、ストライプによる絵画をシリーズで制作していき、ミニマル・アートに大きな影響を与えた。 その後、ステラはストライプを捨て、レリーフによって抽象の可能性を探究。〈エキゾティック・バード・シリーズ〉では表現主義的なタッチが前面に出るようになり、ニュー・ペインティングの作家たちの精神的支柱となる。 1990年からは床置きの金属彫刻作品を発表、また大規模なコミッション・ワークと取り組む。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 美術館
  • 作品
  • 川村
  • 記念
  • マサチューセッツ州
  • 代表作
  • 絵画
  • さまざま
  • アート
  • エッジ
  • デン
  • ハード
  • プリンストン
  • ホイットニー
  • ボストン
  • ミニマル
  • モール
  • 大学
  • 彫刻家
  • 抽象
  • 画家
  • 立体
  • アメリカ
  • カイロ
  • グラン
  • ゲッティ
  • コレクション
  • シンメトリカル
  • ステラ
  • ニューヨーク
  • ヴァージョン
  • 代表
  • 作家
  • 作風
  • 初期
  • 制作
  • 壁面
  • 大阪
  • 市立
  • 平面
  • 建設
  • 形態
  • 戦後
  • 構成
  • 準備
  • 炸裂
  • 画面
  • 破片
  • 美術
  • 色彩
  • 近代
  • 郊外