生年月日データベース

久明親王ひさあきしんのう

皇族、鎌倉幕府第8代将軍[日本]

(建治2年9月11日生)

(ユリウス暦) 1276年 10月19日

ひさあきしんのう [生]建治2(1276).9.11.京都[没]嘉暦3(1328).10.14.京都鎌倉幕府8代将軍(在職1289~1308)。後深草天皇の皇子。母は内大臣藤原公親の娘房子。正応2(1289)年親王宣下,次いで元服して三品に叙せられ,7代将軍惟康親王が廃されたあと征夷大将軍となり,関東に下向。時に14歳。永仁3(95)年二品,同5年式部卿,一品に進んだが,延慶1(1308)年幕府によって廃され,長子の守邦親王が代って将軍となった。のち落飾して素円と号した。詠歌が『新後撰集』その他に所収。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 和歌
  • 生涯
  • 将軍
  • 親王
  • 北条貞時
  • 在職
  • 執権
  • 偏諱
  • 冷泉為相
  • 千載
  • 惟康
  • 新後
  • 歌合
  • 正応
  • 玉葉
  • 系譜
  • 一貫
  • 中心
  • 主催
  • 久明
  • 実権
  • 就任
  • 幕政
  • 平安京
  • 征夷大将軍
  • 従兄
  • 明親
  • 業績
  • 歌壇
  • 王家
  • 自身
  • 送還
  • 鎌倉