生年月日データベース

惟康親王これやすしんのう

鎌倉幕府第7代将軍[日本]

(文永元年4月29日生)

(ユリウス暦) 1264年 5月26日

これやすしんのう [生]文永1(1264).4.29.鎌倉[没]嘉暦1(1326).10.30.京都鎌倉幕府7代将軍(在職1266~89)。父は後嵯峨天皇の第2皇子で第6代将軍となった宗尊親王。母は摂政藤原兼経の娘宰子。文永3(66)年父宗尊親王が北条時宗に追われたあとをうけ,3歳で征夷大将軍となり,文永7(70)年には臣籍に下り勅旨をもって源姓を賜わった。その後左近衛中将,右近衛大将を歴任し,弘安10(87)年親王に復して二品に叙せられたが,正応2(89)年執権北条貞時に将軍を退けられて京に帰り,嵯峨に住し,出家して生涯を終えた。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 将軍
  • 源氏
  • 生涯
  • 征夷大将軍
  • 惟康
  • 親王
  • 在職
  • 京都
  • 作品
  • 執権
  • 宣下
  • 就任
  • 後嵯峨
  • 登場
  • 相模
  • 系譜
  • 臣籍
  • 蒙古
  • 襲来
  • 論文
  • 降下
  • これ
  • すなわち
  • 一人
  • 今日
  • 初め
  • 大半
  • 当時
  • 文永
  • 期間
  • 賜与
  • 送還
  • 鎌倉
  • 鎌倉市