生年月日データベース

光格天皇こうかくてんのう

第119代天皇[日本]

(明和8年8月15日生)

1771年 9月23日

1840年 12月11日 死去享年70歳
光格天皇 - ウィキペディアより引用

■ 関連書籍

第一一九代天皇。閑院宮典仁親王の第六皇子。幼称祐宮、名は師仁のち兼仁。後桃園天皇崩御の際、同天皇の養子となり、安永九年即位。博学能文で知られ、作詩、管弦に長じた。また朝儀再興に力を入れ、幕府に働きかけて古制の復活に努め、在位中に石清水社・賀茂社の臨時祭を再開した。また実父典仁親王に太上天皇の尊号を宣下しようとして幕府の反対に遭い断念を余儀なくされた「尊号事件」は後の尊王思想に大きな影響を与えた。天保11年(1840)崩御、69才。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 系図
  • 閑院宮
  • 元号
  • 天皇
  • 在位
  • 旧暦
  • 中世
  • 典仁
  • 天保
  • 天皇家
  • 安永
  • 文化
  • 朝儀
  • 朝廷
  • 歌道
  • 江戸時代
  • 系譜
  • 親王
  • 践祚
  • 近代
  • さち
  • ともひと
  • もろひと
  • 下地
  • 傍系
  • 再興
  • 初め
  • 即位
  • 回復
  • 実父
  • 幼名
  • 死人
  • 異名
  • 移行
  • 評価
  • 諡号
  • 追号
  • 達人