生年月日データベース

後花園天皇ごはなぞのてんのう

第102代天皇[日本]

(応永26年6月18日生)

(ユリウス暦) 1419年 7月10日

(ユリウス暦) 1471年 1月18日 死去中風享年53歳
後花園天皇 - ウィキペディアより引用

後花園天皇(ごはなぞのてんのう)は、室町時代の第102代天皇である(在位:正長元年7月28日(1428年9月7日) - 寛正5年7月19日(1464年8月21日))。
諱は彦仁(ひこひと)。
先代の称光天皇は応永29年(1422年)以降、幾度か危篤状態に陥るなど病弱で皇子がなく、称光の同母弟で皇儲に擬せられていた小川宮も応永32年(1425年)に早世したため、その父で院政を敷いていた後小松上皇は、早急に皇嗣を決定する必要に迫られた。
正長元年(1428年)称光天皇が危篤に陥ると両統迭立を要求する後南朝勢力がにわかに活動の気配を見せたため、室町幕府将軍に就任することになっていた足利義宣(後の義教)は伏見御所にいた彦仁王(後花園天皇)を保護し、後小松上皇に新帝指名を求めた。
同年7月20日に称光天皇が崩御すると、彦仁王は後小松上皇の猶子となって親王宣下のないまま7月28日に践祚し、翌永享元年(1429年)12月27日に即位した。

関連書籍

ごはなぞのてんのう [生]応永26(1419).6.18.京都[没]文明2(1470).12.27.京都第102代の天皇(在位1428~64)。名は彦仁,法名は円満智。初め後文徳院と諡(おくりな)し,のちに後花園院と改めた。崇光天皇(北朝)の曾孫にあたる。後崇光院贈天皇すなわち伏見宮貞成親王の第1王子。母は庭田経有の娘,敷政門院源幸子。正長1(1428)年幕府の意向で践祚し,翌永享1(1429)年即位。寛正5(1464)年皇太子成仁親王(後土御門天皇)に譲位して上皇となり,のち出家して法皇となった。将軍足利義政が世を顧みず,奢侈にふけるのを御製の詩で戒めたこともある。応仁の乱には後土御門天皇とともに左大臣二条政嗣の室町第に遷幸し,ここで没した。学問を好み,各種芸能に秀で『御製和歌集』などがある。陵墓は京都市右京区の後山国陵。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 天皇
  • 在位
  • 旧暦
  • 皇位
  • 元号
  • 光仁
  • 南北朝
  • 合一
  • 室町時代
  • 寛正
  • 御製
  • 文明
  • 正長
  • 生涯
  • 皇室
  • 称光
  • 称徳
  • 系図
  • 系譜
  • 継承
  • 続柄
  • 親等
  • ひこひと
  • 今上天皇
  • 以後
  • 元年
  • 彦仁
  • 日本
  • 明仁
  • 本来
  • 死後
  • 現在
  • 皇統
  • 立場
  • 系統
  • 霊廟