生年月日データベース

後嵯峨天皇ごさがてんのう

第88代天皇[日本]

(承久2年2月26日生)

(ユリウス暦) 1220年 4月1日

(ユリウス暦) 1272年 3月17日 死去
後嵯峨天皇 - ウィキペディアより引用

関連書籍

DMMメディア

  • 後嵯峨天皇実録 全2巻

ごさがてんのう [生]承久2(1220).2.26.京都[没]文永9(1272).2.17.京都第88代の天皇(在位1242~46)。名は邦仁。土御門天皇の皇子。母は贈皇太后源通子(贈左大臣源通宗の娘)。承久3(21)年,承久の乱によって父土御門上皇が四国に移されたのち,外家源通方に養われ,通方の死後は祖母承明門院源在子の土御門第に移った。四条天皇崩御の際(42),立儲(りっちょ)が決せず,執権北条泰時が使を京に急派して衆説を排し天皇を策立させた。即位後,法華八講を安楽心院に修し,後鳥羽天皇の諡号を贈り冥福を祈った。寛元1(43)年さらに八講を修して父土御門天皇の霊を慰めた。同4年位を皇子久仁親王(後深草天皇)に譲り,以後後深草,亀山の2代の間,院政を行なった。天皇は資性温雅で幕政に対してもあえて対立せず,また長子久仁親王よりもその弟恒仁王(亀山天皇)を愛し,後深草天皇の子をおいて亀山天皇の第2子世仁親王を皇太子に立て,いわゆる持明院統,大覚寺統対立の端緒をつくった。厚く仏教を信奉し,文永5(68)年落飾して法名を素覚と称した。諸宗の法理に通じ,しばしば高野,熊野を巡り,また経論を書写供養した。和歌に長じ,藤原基家,為家らに命じて『続古今和歌集』を撰ばせた。また『続後撰集』をはじめ多くの勅撰集に天皇の歌が収められている。陵墓は京都市右京区嵯峨天竜寺芒ノ馬場町の嵯峨南陵。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 天皇
  • 旧暦
  • グレゴリオ暦
  • ユリウス
  • 仁治
  • 命日
  • 土御門
  • 宮内庁
  • 寛元
  • 平成
  • 改暦
  • 文永
  • 明治
  • 源通
  • 異名
  • 聖武
  • 諡号
  • 追号
  • 通子
  • 鎌倉時代
  • くに
  • ひと
  • 同様
  • 在位
  • 崩御
  • 後嵯峨
  • 換算
  • 書陵部
  • 発表
  • 皇子
  • 祭祀
  • 系譜
  • 紀要
  • 計算違い
  • 邦仁