生年月日データベース

宇多天皇うだてんのう

第59代天皇[日本]

(貞観9年5月5日生)

(ユリウス暦) 0867年 6月10日

(ユリウス暦) 0931年 9月3日 死去
宇多天皇 - ウィキペディアより引用

うだてんのう [生]貞観9(867).5.5.京都[没]承平1(931).7.19.京都第59代の天皇(在位887~897)。名は定省。光孝天皇第7皇子,母は尊称皇太后班子女王。仁和3(887)年8月皇太子になると同時に践祚,同年11月即位。寛平9(897)年7月醍醐天皇に譲位,太上天皇と称せられ,昌泰2(899)年落飾,法皇となる。のち仁和寺に御堂を造営し,ここへ移ったので御室御所の称が起った。亭子院帝または寛平法皇などともいう。子の醍醐天皇に譲位の際与えた訓戒は『寛平御遺誡(かんぴょうのごゆいかい)』として有名。その日記『宇多天皇御記』は現在残闕を伝えるのみ。和歌の御製は『古今集』以下の勅撰集に収められたものが少くない。陵墓は京都市右京区鳴滝宇多野谷の大内山陵。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 寛平
  • 子女
  • 日本
  • 旧暦
  • 源氏
  • 事件
  • 仁和
  • 佐々木
  • 后妃
  • 在位
  • 天皇
  • 宇多
  • 承平
  • 昌泰
  • 法主
  • 満徳
  • 異名
  • 系図
  • 系譜
  • 諡号
  • 譲位
  • 追号
  • 関係
  • 陽成
  • さだみ
  • 代表
  • 元号
  • 元年
  • 定省
  • 祖先
  • 詳細