生年月日データベース

陽成天皇ようぜいてんのう

第57代天皇[日本]

(貞観10年12月16日生)

(ユリウス暦) 0869年 1月2日

(ユリウス暦) 0949年 10月23日 死去
陽成天皇 - ウィキペディアより引用

陽成天皇(ようぜいてんのう、貞観10年12月16日(869年1月2日) - 天暦3年9月29日(949年10月23日))は、平安時代前期の第57代天皇(在位:貞観18年11月29日(876年12月18日) - 元慶8年2月4日(884年3月4日))。
諱は貞明(さだあきら)。
藤原基経との確執 生後3ヶ月足らずで立太子し、貞観18年(876年)11月に9歳で父清和天皇から譲位される。
父帝に続く幼年天皇の登場であり、母藤原高子の兄藤原基経が摂政に就いた。
在位の初めは、父上皇・母皇太后および摂政基経が協力して政務を見たが、元慶4年(880年)に清和が崩じてからは基経との関係が悪化したらしく、元慶7年(883年)8月より基経は出仕を拒否するようになる。
基経は清和に娘2人を入内させていたが、さらに陽成の元服に際して娘の佳美子または温子を入内させようとしたのを、皇太后高子が拒否したためではないかというのが、近年の説である。

関連書籍

DMMメディア

ようぜいてんのう [生]貞観10(868).12.16.京都[没]天暦3(949).9.29.京都第57代の天皇(在位876~884)。名,貞明。清和天皇の第1皇子。母は尊称皇太后藤原高子。貞観18(876)年践祚,同19年1月即位したが,外伯父の藤原基経が関白として政務をとった。天皇は狂躁性があり素行に欠陥が少くなかったので,元慶8(884)年廃された。この廃立の際,左大臣源融が皇胤であることを理由に天皇となることを希望したが,基経の意によって仁明天皇第3皇子時康親王(光孝天皇)に議決したという。これにより藤原氏の権威が確立したが,有司を基経の私第につかわして庶事の決議を求めさせたことは,朝政が摂関家の政所に移る素因となった。陵墓は京都市左京区浄土寺真如町の神楽岡東陵。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 在位
  • 旧暦
  • 事件
  • 元号
  • 元慶
  • 后妃
  • 天暦
  • 天皇
  • 子女
  • 宮中
  • 平安時代
  • 殺人
  • 皇統
  • 確執
  • 移動
  • 系図
  • 系譜
  • 藤原基経
  • 退位
  • 関連
  • 霊廟
  • さだあきら
  • 前期
  • 貞明
  • 貞観