生年月日データベース

浜田剛史はまだつよし

プロボクシング選手[日本]

1960年 11月29日 生 (満58歳)

浜田 剛史(はまだ つよし、1960年11月29日 - )は、日本の元プロボクサー。
本名・旧リングネーム:浜田 剛(読み同じ)。
沖縄県中頭郡中城村出身。
元WBC世界スーパーライト級王者。
沖縄県立沖縄水産高等学校卒業。
帝拳ボクシングジム所属。
現在はプロボクシング解説者、健康食品会社社長。
帝拳プロモーション代表。
入場曲は『ヒーロー HOLDING OUT FOR A HERO』。
浜田の育った家は総勢21人もの大所帯であった。
浜田自身が7人兄弟の末っ子ということもあり、さすがに親の目が届きにくかったのか、幼いころは朝から晩まで自然の中で遊んで育った。
6歳上の実兄・雄二の影響で小学生の頃からプロボクサーを志す。
雄二は近所の小学生を集めては野原でスパーリング大会をたびたびやっていたが、剛史は小学4年生でありながら6年生の相手をワンパンチで戦意喪失させるほどで、パンチ力は当時から図抜けたものであった。

関連書籍

DMMメディア

ボクシング元世界王者。15連続KO勝ちの日本記録保持者でもある。 1960年11月29日、沖縄県中頭郡中城村出身。 沖縄水産高校時代にインターハイ王者となり、79年帝拳ジムよりプロデビュー。 84年、日本ライト級タイトル獲得(7RTKO)。 85年、東洋ライト級タイトル獲得(判定12R)。 86年7月24日、当時最強といわれたメキシコのハードパンチャー、レネ・アルレドンドに挑戦。圧倒的不利を予想される中、1R3分9秒で葬り、WBC世界S・ライト級タイトルを獲得。 1度の防衛の後、前王者アルレドンドとの再戦に破れ、その試合を最後に引退。通算戦績は25戦22勝(20KO)2敗1無効試合。 91年、浜田産業株式会社を設立。主に健康食品チャンプクロレラシリーズを販売している。 また、帝拳ジムにて後進の指導に当たると共に、日本テレビ、WOWOWにおいてボクシング解説者として現在も活躍中。 * (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 沖縄
  • ボクシング
  • 帝拳
  • 浜田
  • スーパー
  • ヒーロー
  • プロモーション
  • ライト級
  • 世界
  • 中城村
  • 中頭郡
  • 出演
  • 受賞歴
  • 学校
  • 戦績
  • 映画
  • 水産
  • 沖縄県
  • 県立
  • 関連
  • 高等
  • ころ
  • ジム
  • プロ
  • 代表
  • 健康食品
  • 兄弟
  • 入場曲
  • 出身
  • 卒業
  • 大所帯
  • 所属
  • 末っ子
  • 王者
  • 現在
  • 社長
  • 総勢
  • 自身
  • 解説者
  • 評議会