生年月日データベース

井上俊夫いのうえとしお

詩人[日本]

1922年 5月11日

2008年 10月16日 死去享年87歳

関連書籍

DMMメディア

  • 八十六歳の戦争論 詩集
  • 初めて人を殺す 老日本兵の戦争論
  • 八十歳の戦争論

いのうえ-としお 1922-2008昭和後期-平成時代の詩人,小説家。大正11年5月11日生まれ。農業に従事しながら,昭和20年代後半から詩作をはじめる。野間宏,小野十三郎らに師事。32年詩集「野にかかる虹」がユニークな社会性,批評性で注目され,H氏賞をうけた。平成20年10月16日日死去。86歳。大阪出身。本名は中村俊夫。詩集に「井上俊夫詩集」,著作に地誌「淀川」,小説「ベッド・タウン」,評論「農民文学論」など。 (引用元 コトバンク)

「井上俊夫」と関連する人物

連想語句
  • 詩集
  • 三一書房
  • 出版
  • 日本
  • 現代
  • かもがわ
  • 大阪
  • 戦争
  • 文学
  • 文庫
  • 書房
  • 淀川
  • 著書
  • 詩人
  • 五月
  • 十三郎
  • 土曜
  • 学校
  • 学院
  • 小野
  • 岩波
  • 帝塚山
  • 浪花
  • 短期大学
  • 編集工房ノア
  • 美術
  • 草思社
  • 農家
  • 野間宏
  • あなた
  • かもがわ出版
  • やぶにらみ
  • エッセー
  • カルチャー
  • ピアノ
  • ブックス
  • 先達
  • 八十
  • 八十六
  • 八景
  • 兵役
  • 初めて
  • 創芸
  • 受賞
  • 巷説
  • 師事
  • 年鑑
  • 従軍
  • 慰安婦
  • 文藝
  • 日本兵
  • 書き方
  • 書籍
  • 朝日
  • 現代詩
  • 蜆川
  • 農民
  • 随筆
  • 顕彰