生年月日データベース

川喜田二郎かわきたじろう

地理学者、文化人類学者[日本]

1920年 5月11日

2009年 7月8日 死去敗血症享年90歳

川喜田 二郎(かわきた じろう、1920年(大正9年)5月11日 - 2009年(平成21年)7月8日)は、日本の地理学者、文化人類学者。
三重県出身。
京都帝国大学文学部地理学科卒業。
文学士。
東京工業大学教授を経て川喜田研究所代表、筑波大学教授、中部大学教授、東京工業大学名誉教授。
元日本ネパール協会会長。
財団法人・日本エスペラント学会顧問。
実父は、「東の魯山人、西の半泥子」と呼ばれる川喜田半泥子で、その次男である。
銀行家で元百五銀行頭取・会長を務めた川喜田壮太郎は実兄。
実姉の澄子は民族学者岡正雄の妻。
中学生のころより、先輩の今西錦司と山歩きに没頭。
京都帝大時代は山岳部に入部し、今西錦司、森下正明、梅棹忠夫、吉良竜夫らと共に探検隊を結成しカロリン諸島や大興安嶺山脈を探検。
大阪市立大学の助教授時代からはネパールを研究フィールドとするようになった。
生態学的な人文地理学を研究し、今西の生態学の人類方面の拡張を成し遂げた。
豊富な野外調査の経験を元に、情報整理と発想のための手法としてKJ法を開発。

関連書籍

DMMメディア

かわきた-じろう 1920-2009昭和後期-平成時代の文化人類学者。大正9年5月11日生まれ。今西錦司の影響で山岳・探検活動をおこなう。大阪市立大助教授をへて,昭和37年東京工業大教授。のち筑波大,中部大の教授。大興安嶺,ネパールなどの学術探検に参加。59年ネパール山村への技術協力によりマグサイサイ賞。KJ法を創始した。平成21年7月8日死去。89歳。三重県出身。京都帝大卒。著作に「鳥葬の国」「発想法」「素朴と文明」など。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 教授
  • 東京工業大学
  • 三重県
  • 中部大学
  • 人類
  • 名誉教授
  • 地理学
  • 文学部
  • 筑波大学
  • 編著
  • 著作
  • 著書
  • 記念
  • 論集
  • 関連
  • 京都
  • 京都大学
  • 代表
  • 出身
  • 卒業
  • 大学
  • 学士
  • 川喜田
  • 帝国
  • 文化
  • 文学士
  • 研究所