生年月日データベース

シモン・ファンデルメールSimon Van Der Meer

物理学者[オランダ]

1925年 11月24日

2011年 3月4日 死去享年87歳

シモン・ファン・デル・メール(Simon van der Meer、1925年11月24日 - 2011年3月4日)は、オランダの物理学者。
1984年度ノーベル物理学賞受賞者。
オランダのハーグで生まれた。
大学に入学する時期は、オランダはドイツ占領下にあって、戦争が終わった後、デルフト工科大学で電気技術を学んだ。
1952年からフィリップス社に入り、1954年に設立された欧州原子核研究機構 (CERN) に1956年から加わり加速器の開発に貢献した。
彼のおもな業績は中間子が崩壊してできるニュートリノを効率的に集めるニュートリノホーンや確率冷却法によって反陽子ビームの出力向上を達成した。
CERNのSuper Proton Synchrotron (SPS) は1981年から稼動し、1983年W粒子の生成を確認した。
1984年、ノーベル物理学賞を「弱い相互作用を媒介する場の素粒子(ウィークボゾン)の発見を導いた巨大プロジェクトへの貢献」によってカルロ・ルビアと受賞した。

連想語句
  • ノーベル
  • 大学
  • 物理学賞
  • オランダ
  • カルロ
  • ジュネーヴ
  • スイス
  • デルフト
  • ニュートリノ
  • ハーグ
  • ルビア
  • 冷却法
  • 原子核
  • 工科
  • 機構
  • 欧州
  • 確率
  • 粒子
  • 貢献
  • ウィーク
  • デン
  • ドイツ
  • ビーム
  • フィリップス
  • プロジェクト
  • ホーン
  • ボゾン
  • 中間子
  • 作用
  • 入学
  • 出力
  • 加速器
  • 占領
  • 反陽子
  • 受賞
  • 受賞者
  • 向上
  • 媒介
  • 崩壊
  • 戦争
  • 技術
  • 時期
  • 業績
  • 死去
  • 生成
  • 発見
  • 相互
  • 確認
  • 稼動
  • 素粒子
  • 設立
  • 達成
  • 開発
  • 電気