生年月日データベース

カール11世Karl XI

スウェーデン国王[スウェーデン]

1655年 11月24日

1697年 4月5日 死去享年43歳
カール11世 - ウィキペディアより引用

『カール11世 (スウェーデン王)』より : カール11世(Karl XI, 1655年11月24日 - 1697年4月5日)は、プファルツ朝第2代のスウェーデン王(在位:1660年 - 1697年)。
カール10世とホルシュタイン=ゴットルプ公女ヘートヴィヒ・エレオノーラの唯一の子。
生涯 1655年、カール10世のポーランド遠征中に生誕した。
父は北方戦争の最中であったため、カールと会ったのは1658年の事である。
しかし父は再びデンマークと戦争を再開したために1660年の父の病死によって再会は叶わなかった。
父の死によってカール11世として即位したが、4歳と幼いため摂政制が敷かれた。
この摂政政府時代にスウェーデンは北方戦争が終わり平和の時代が訪れ、1662年にドロットニングホルム宮殿の建設が始まり、1686年に完成している。
1666年にルンド大学が設立されているが、同年には摂政団と母の王太后ヘトヴィヒ・エレオノーラによって遺跡の保護の布告を出している。
1668年にはスウェーデン国立銀行が開設された。
この時代のスウェーデンの外交方針は基本的に中立ではあったが、ヨーロッパの安全保障に絡み、主にフランスとの友好が図られた。

関連書籍

DMMメディア

連想語句
  • 生涯
  • カール
  • ゴットルプ
  • スウェーデン
  • ホルシュタイン
  • エレオノーラ
  • ヘートヴィヒ
  • ポーランド
  • 保護
  • 北方
  • 子女
  • 戦争
  • 文化財
  • 関連
  • シュレースヴィヒ
  • フォン
  • 公女
  • 君主
  • 唯一
  • 在位
  • 最中
  • 王国
  • 生誕
  • 遠征