生年月日データベース

クシシュトフ・ペンデレツキKrzysztof Eugeniusz Penderecki

作曲家指揮者[ポーランド]

1933年 11月23日 生 (満85歳)

クシシュトフ(またはクリシュトフ)・ペンデレツキ(Krzysztof Eugeniusz Penderecki [ˈkʂɨʂtɔf ɛuˈɡɛɲuʂ pɛndɛˈrɛt͡skʲi] 1933年11月23日 - )は、ポーランドの作曲家、指揮者。
クラクフ生まれのカトリック教徒。
ポーランド楽派の主要作曲家の1人である。
作風 ペンデレツキは、創作の源泉を宗教であると明言している。
「イコン性」の提示とは何かを問うのが、彼の音楽である。
初期の作品、たとえば「ダビデの詩篇」の冒頭は、いきなりピアノの最低弦のトリルから始まるなど、音響の特異性をまず前面に出し、その後で宗教的なメッセージの呼びかけを行う構造は、最近作にまで共通するムードである。
「広島の犠牲者に捧げる哀歌」はクラスターが第一主題、衝撃を伴う特殊奏法が第二主題、といった観点で作曲されており、最終的に漸減クラスターの「終止音」で終わる。
特殊奏法をどれだけ駆使しても、その奏法群をグルーピングしたり、反復させたりといった古典的な構成を捨て去ることは初期作品においてもない。

音楽作品

DMM音楽作品

「クシシュトフ・ペンデレツキ」と関連する人物

連想語句
  • 作品
  • 管弦楽
  • ポーランド
  • 楽曲
  • 主要
  • 作曲家
  • エピソード
  • オペラ
  • カトリック
  • クラクフ
  • チェロ
  • ヴァイオリン
  • 交響曲
  • 作風
  • 協奏曲
  • 合唱曲
  • 吹奏
  • 室内
  • 打楽器
  • 指揮者
  • 楽派
  • 金管
  • 教徒