生年月日データベース

水内猛みずうちたけし

男子サッカー選手、スポーツキャスター[日本]

1972年 11月19日 生 (満46歳)

水内 猛(みずうち たけし、1972年11月19日 - )は、神奈川県出身の元サッカー選手、スポーツキャスター。
ポジションはフォワード。
叔父は、ミュンヘン夏季五輪(1972年)男子バレーボール金メダリストの大古誠司。
妻はTBSアナウンサーの小倉弘子。
来歴・人物 小学生の時はサッカーと野球をやっていた。
横浜市立汲沢中学校、神奈川県立旭高等学校3年次に高校選手権に出場しベスト8進出。
2回戦では強豪の清水東高校を破る決勝点を決める活躍を見せ、大会優秀選手に選出された。
卒業後の1991年に三菱自動車工業へ入社、1992年からは社員選手として浦和レッドダイヤモンズに入団。
Jリーグ開幕後の1993年は柱谷幸一や福田正博といった主力選手の負傷などもあって、NICOSシリーズ(2ndステージ)からレギュラーに定着。
クラブは2年連続年間最下位という苦境の下にあったが主軸として活躍し、その明るいキャラクターからファンを虜にした。
後に、ブランメル仙台(現ベガルタ仙台)に移籍し1997年で現役引退。
引退後はホリプロに所属し、『REDS TV GGR』のキャスターを務める等、スポーツ番組を中心にテレビ出演を行っている。

映像作品

音楽作品

プロサッカー選手・解説者。 ポジションはフォワード。 1972年11月19日生まれ。神奈川県出身。 1991年、神奈川県立旭高校から三菱自動車に入社。Jリーグ発足後は浦和レッズに所属。 1996年、ブランメル仙台(現ベガルタ仙台)に移籍したが翌年現役引退。 現在はTBS、フジテレビなどでサッカー解説者。ホリプロ所属。 「みやぎ夢大使」。(2005年-2006年) 2005年、TBSアナウンサー小倉弘子と結婚。 大古誠司は叔父。 (引用元 Hatena Keyword)