生年月日データベース

坂田栄一郎さかたえいいちろう

写真家[日本]

1941年 11月16日 生 (満77歳)

坂田 栄一郎(さかた えいいちろう、1941年11月16日 - )は日本の写真家。
週刊誌『AERA』での人物写真の撮影で知られる。
東京都出身。
京北高等学校を経て、1965年日本大学芸術学部写真学科卒業。
大学時代は写真屋などでアルバイトをしていた。
卒業後、ライトパブリシティに入社。
1966年に渡米し、ニューヨークにてリチャード・アヴェドンに師事した。
1970年、銀座ニコンサロンにて、個展『Just Wait』でデビューした。
その後1971年に帰国し、CMや雑誌で活躍する。
1988年に朝日新聞社がニュース週刊誌『AERA』を創刊から2016年3月28日号まで、ずっと表紙写真を担当してきた。
1993年には「アルル国際写真フェスティバル」で「アルル名誉市民賞」を受賞した。
2005年には今までの人物写真等の功績が讃えられ、「PIERCING THE SKY-天を射る」で第24回土門拳賞、日本写真協会作家賞をダブル受賞した。

関連書籍

DMMメディア

肖像写真家 「AERA」の表紙を担当する写真家として知られる。 日本大学芸術学部写真学科卒業後、株式会社ライトパブリシティに1年在籍した後に渡米し、 リチャード・アヴェドンに師事。1970年に一時帰国した際には、初個展「Just Wait」を開催し、当時の写真界にセンセーショナルを巻き起こした。その後、 「注文のおおい写真館」、「TALKING FACES」など、それまでの日本の肖像写真にはあり得なかった意欲的な作品を発表し続けた。その一方で、 1988年の創刊から雑誌「アエラ」の表紙の肖像写真を担当し、これまで撮影した人の数は800人を超る。彼の撮る肖像写真には撮られた人物だけではなく、 その人の生きている時代、思想が浮かび上がっており、それらに感銘を受ける人々が後を絶たない。 関連語  (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 写真
  • アルル
  • ニコン
  • ニューヨーク
  • バーンスタイン
  • パシフィック
  • パブリシティ
  • フェスティバル
  • ライト
  • レナード
  • 京北
  • 卒業
  • 受賞
  • 土門拳
  • 学校
  • 学部
  • 日本大学
  • 朝日新聞社
  • 芸術
  • 銀座
  • 高等
  • アルバイト
  • アヴェドン
  • サロン
  • ダブル
  • デビュー
  • ニュース
  • ミュー
  • ミュージック
  • リチャード
  • 中学校
  • 作家
  • 個展
  • 入社
  • 写真等
  • 創刊
  • 功績
  • 協会
  • 名誉
  • 国際
  • 大学
  • 学科
  • 市民
  • 師事
  • 帰国
  • 担当
  • 指揮者
  • 日本
  • 時代
  • 最後
  • 札幌
  • 札幌市
  • 来日
  • 活躍
  • 渡米
  • 表紙
  • 週刊
  • 雑誌