生年月日データベース

奥野正男おくのまさお

考古学者[日本]

1931年 11月15日 生 (満86歳)

■ 関連書籍

1931年 北海道札幌市生れ。小説家、考古学者。元宮崎公立大学教授。 1965年、三池炭鉱の災害を描いた小説「地底の炎」で第3回リアリズム文学賞を受賞。のちに、邪馬台国問題など、古代史の研究者に転向。 『神々の汚れた手 旧石器捏造・誰も書かなかった真相』(梓書院)で、第58回(2004年度)毎日出版文化賞を受賞 (引用元 Hatena Keyword)

「奥野正男」と関連する人物

連想語句
  • 邪馬台国
  • 文化
  • 受賞
  • 古代
  • 文学
  • 毎日新聞社
  • 研究所
  • 著書
  • リアリズム
  • 日本
  • ここ
  • 事件
  • 出版
  • 同盟
  • 学校
  • 定時制
  • 宮崎公立大学
  • 小説
  • 捏造
  • 文庫
  • 旧石器
  • 毎日
  • 民主主義
  • 民主文学
  • 民族
  • 研究会
  • 筑紫
  • 美唄
  • 藤村新一
  • 遺跡
  • 騎馬
  • 高等
  • アジア
  • 一人
  • 三角
  • 九州
  • 代表
  • 会長
  • 倭人伝
  • 出土
  • 創刊
  • 北九州
  • 北海道
  • 卒業
  • 吉野ケ里
  • 周囲
  • 地底
  • 多数
  • 大和
  • 女王
  • 学者
  • 徳間
  • 所属
  • 教授
  • 新人物往来社
  • 書房
  • 最優秀賞
  • 朝鮮
  • 東遷
  • 永年
  • 河内
  • 炭鉱
  • 現実
  • 畿内
  • 発掘
  • 発表
  • 神々
  • 神獣鏡
  • 終止符
  • 考古学
  • 記念
  • 調査
  • 論争
  • 論文
  • 責任
  • 郷土
  • 雑誌