生年月日データベース

毛綱毅曠もづなきこう

建築家[日本]

1941年 11月14日

2001年 9月2日 死去享年61歳

毛綱 毅曠(もづな きこう、本名:毛綱 一裕、昭和16年(1941年)11月14日 - 平成13年(2001年)9月2日)は、日本の建築家。
日本建築学会賞作品賞など多数受賞。
初期に毛綱モン太(もづなもんた)と名乗っていたが「毅曠」に改名。
1970年代の日本の前衛建築の先鋒の観が有ったとされる。
「阿弥陀から弥勒への七つのメッセージ」という九枚のパネルを発表し世界的にも有名となった。
1941年 釧路市生まれ 1965年 神戸大学工学部建築学科卒業、同大学向井正也の助手。
1978年 戸籍名を毛綱毅曠に変更 毛綱毅曠建築事務所を設立 1985年 日本建築学会賞受賞(受賞作は釧路市立博物館) 1990年 商環境デザイン賞特別賞受賞 1991年 都市景観大賞受賞 1992年 イギリス出版賞受賞、日本建築美術工芸賞受賞 1993年 商環境デザイン賞特別賞受賞 1994年 メキシコ・アグアスカリエンテス市建築賞受賞 1995年 多摩美術大学美術学部建築学科教授 2001年 永眠 作品と設計手法 彼の設計は、「機能」というものに挑戦的であった。

関連書籍

DMMメディア

【もづなきこう】 建築家。北海道釧路市生れ。神戸大学建築学科卒。1972年に母親の住宅〈反住器〉を発表。正方形のガラスやコンクリートを入れ子状に配置した特異なデザインにより,反モダニズムの建築家として注目される。1976年毛綱毅曠建築事務所設立。以後釧路を舞台に〈釧路市湿原展望資料館〉(1984年),〈釧路フィッシャーマンズ・ワーフ〉(1989年)などを設計。さらに〈石川県能登島ガラス美術館〉(石川県,1991年),〈おおやホール〉(兵庫県,1994年)など全国的に作品を手がけた。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 作品
  • 概要
  • 建築
  • 日本
  • 出演
  • 学会
  • 建築家
  • 手法
  • 著書
  • 設計
  • 関連
  • もづな
  • もんた
  • パネル
  • メッセージ
  • モン太
  • 七つ
  • 先鋒
  • 初期
  • 前衛
  • 受賞
  • 多数
  • 弥勒
  • 改名
  • 有名
  • 毅曠
  • 毛綱
  • 発表
  • 阿弥陀