生年月日データベース

辻村寿三郎つじむらじゅさぶろう

人形作家[日本(満州)]

1933年 11月11日 生 (満85歳)

辻村寿三郎(つじむら じゅさぶろう、1933年(昭和8年)11月11日-)は、日本の人形作家、人形操作師。
アートディレクター。
旧名は辻村ジュサブロー。
  年譜 1933年 旧満州国錦州省生れ。
少年時代を中国大陸で過ごす。
育った料亭で芸者の着物や端切れに親しみ、物心ついたときには割り箸で人形を作っていた。
1944年 11歳で日本に引き揚げ。
広島市内の横川(現西区横川町)に1年ほど住む。
1945年 原爆投下の3ヶ月前に母の郷里で中国山地の山間の町、広島県三次市に越す。
横川は爆心地から2キロほどの地点にあったため、あのまま広島市内に居たらこの世にいなかったかも知れない。
戦後 三次中学(現三次高校)卒業。
裁縫士になるべく洋服屋に奉公するが三年で辞めるなど、他の仕事も長続きしなかった。
しかし入った演劇サークルで看板書き、舞台装置、役者のかつら造りなどをする。
1954年 母の死をきっかけに広島に来演した前進座の河原崎国太郎を頼り役者を志して上京。
その後河原崎の紹介で小道具制作の会社に就職 1959年 26歳で独立、幼い頃よりの趣味であった創作人形を一生の仕事と決意 1961年 第13回現代人形美術展で『八百屋お七』が入選。

関連書籍

DMMメディア

人形師。アートディレクター。 1933年11月生まれ。旧満州、錦州省朝陽出身。 1974年NHK総合テレビ「新八犬伝」の人形美術を担当。一躍脚光を浴びる。 日本のみならず、海外での評価も非常に高い。 日本において、世界に通用するアーティストの一人である。 (引用元 Hatena Keyword)

「辻村寿三郎」と関連する人物

連想語句
  • 年譜
  • 広島市
  • 三次市
  • 中国山地
  • 九州
  • 作品
  • 写真
  • 割り箸
  • 創作
  • 原点
  • 原爆
  • 広島県
  • 料亭
  • 横川
  • 横川町
  • 満州国
  • 芸者
  • 著書
  • 西区
  • 錦州
  • 関連
  • とき
  • 中国
  • 人形
  • 大陸
  • 少年
  • 山間
  • 投下
  • 日本
  • 時代
  • 爆心
  • 物心
  • 着物
  • 端切れ
  • 郷里