生年月日データベース

小林恭二こばやしきょうじ

作家[日本]

1957年 11月9日 生 (満61歳)

小林 恭二(こばやし きょうじ、1957年11月9日 - )は 日本の小説家、俳人。
メタ・フィクション的なユーモアに富んだ作風で知られる。
専修大学文学部教授。
兵庫県西宮市生まれ。
父親は神戸製鋼専務取締役を務めた小林俊夫。
父は奇矯な人物で、第一高等学校在学時代に橋川文三と親友になり、1970年三島由紀夫が自殺した際、橋川が父のところへ来たという。
東京大学文学部美学芸術学専修課程卒業。
同学科に宮城聰がいた。
東京大学在学中には東大学生俳句会に所属し、のちに『俳句という遊び』『短歌パラダイス』といった著作で、「句会」「歌会」の楽しさを一般に紹介する。
1984年に『電話男』第3回海燕新人文学賞を受賞してデビュー。
1985年には『小説伝』が第94回芥川賞候補となった。
1998年、第11回三島由紀夫賞を『カブキの日』で受賞。
その前には作家廃業を考え、筒井康隆に相談して慰留されたという。
2004年専修大学教授となる。
筒井康隆、堀晃、薄井ゆうじ、佐藤亜紀との5名で、「JALInet」(JAPAN LITERATURE net)を創設。

関連書籍

DMMメディア

こばやし-きょうじ 1957-昭和後期-平成時代の小説家。昭和32年11月9日生まれ。学習塾教師をしながら作品を発表し,昭和59年「電話男」で海燕新人文学賞。平成10年歌舞伎を題材に日本人の深層意識をうつしだした「カブキの日」で三島由紀夫賞。16年専修大教授。兵庫県出身。東大卒。作品はほかに「小説伝・純愛伝」「ゼウスガーデン衰亡史」「俳句という愉しみ―句会の醍醐味」など。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 東京大学
  • テレビ
  • フィクション
  • メタ
  • ユーモア
  • 三島由紀夫
  • 俳句会
  • 兵庫県
  • 出演
  • 取締役
  • 在学
  • 学校
  • 宮城聰
  • 専務
  • 東大
  • 橋川文三
  • 神戸
  • 著書
  • 製鋼
  • 西宮市
  • 高等
  • ところ
  • パラダイス
  • 一般
  • 作風
  • 俳句
  • 卒業
  • 句会
  • 学生
  • 学科
  • 専修
  • 小林俊夫
  • 所属
  • 文学部
  • 旧制
  • 時代
  • 橋川
  • 歌会
  • 父親
  • 短歌
  • 紹介
  • 美学
  • 自殺
  • 芸術
  • 著作
  • 親友
  • 課程