生年月日データベース

江藤俊哉えとうとしや

バイオリン奏者[日本]

1927年 11月9日

2008年 1月22日 死去享年82歳

江藤 俊哉(えとう としや、1927年11月9日 - 2008年1月22日)は、東京都豊島区生まれのヴァイオリニストである。
従四位旭日中綬章。
妻は、同じくヴァイオリニストの江藤アンジェラ。
日本における20世紀最高のヴァイオリニストとされており、活発な演奏活動や指導者としての業績は、現在でも「伝説」として語り継がれている。
生い立ち 1927年、父俊明、母たかの第2子(長男)として生まれた。
「俊哉」の名前は、父が「あやかるように」と、アウアー門下のトーシャ・ザイデルの名にちなんで付けた。
1932年、4歳の時に父に連れられ鈴木鎮一を訪れ、鈴木に師事する。
これを契機にスズキ・メソードが誕生したと言われ、江藤俊哉は「才能教育第1号」と呼ばれる。
鈴木には12歳の時まで師事した。
1934年、杉並区立桃井第五小学校に入学し、1939年、12歳の小学校6年生の時、第8回音楽コンクール(現日本音楽コンクール)弦楽部門で第1位を受賞した。

関連書籍

音楽作品

DMM音楽作品

えとうとしや [生]1927.11.9.東京,東京[没]2008.1.22.東京バイオリン奏者。中学生のときに新交響楽団(→NHK交響楽団)と共演する実力を示し,東京音楽学校とアメリカ合衆国のカーティス音楽院で研鑽を積んだ。1952年に同音楽院を卒業,2年後に同音楽院教授に就任,演奏活動も活発に展開。1961年からは活動の拠点を日本に移し,桐朋学園大学や上野学園の教授として多くの後進の育成にあたる一方,世界の一流オーケストラとの共演も続けた。伊福部昭や三善晃など日本人作曲家のバイオリン協奏曲を多数初演したことでも有名である。またエリザベート王妃国際音楽コンクールなど海外コンクールの審査委員を歴任,1981年日本国際音楽コンクール審査委員長となり,1996年には江藤俊哉ヴァイオリン・コンクールを創設した。1997年桐朋学園大学学長に就任,1999年同大学院学長を兼任。1979年日本芸術院賞,1987年日本芸術院会員。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • ヴァイオリニスト
  • 帰国
  • アメリカ
  • コンクール
  • 中綬章
  • 信仰
  • 旭日
  • 留学
  • 著作
  • アンジェラ
  • 伝説
  • 指導者
  • 日本
  • 最高
  • 業績
  • 江藤
  • 活動
  • 活発
  • 演奏
  • 現在