生年月日データベース

大槻玄沢おおつきげんたく

蘭学者[日本]

(諱・茂質、号・磐水、宝暦7年9月28日生)

1757年 11月9日

1827年 4月25日 死去享年71歳
大槻玄沢 - ウィキペディアより引用

■ 関連書籍

おおつきげんたく [生]宝暦7(1757).9.28.陸中,中里[没]文政10(1827).3.30.江戸江戸時代後期の蘭方医,蘭学者。江戸蘭学の興隆を導いた功労者の一人。名は茂質,字は子煥,磐水はその号。初め一ノ関藩医建部清庵に学び,清庵と杉田玄白の間に交友関係が生れたことから,安永7(1778)年,22歳のとき江戸に出て玄白,前野良沢について蘭学を学び,両師の名前を1字ずつもらって玄沢と通称した。天明4(84)年長崎に学び,翌々年江戸に帰り仙台藩医員江戸詰となり,同時に家塾芝蘭堂を開く。文化8(1810)年,幕府天文台蕃書和解御用局員となる。著書は数多く三百余巻に達する。『蘭学階梯』『重訂解体新書』『環海異聞』『瘍医新書』『六物新志』など。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 生涯
  • 大槻
  • 一関
  • 出典
  • 出身
  • 前野良沢
  • 家系
  • 杉田玄白
  • 江戸時代
  • 藩医
  • 蘭学者
  • 解体新書
  • 訳書
  • 賢人
  • 関連
  • 陸奥
  • しかん
  • しげかた
  • ばんすい
  • 一文字
  • 医師
  • 弟子
  • 後期
  • 有名
  • 玄沢
  • 磐井
  • 翻訳
  • 茂質
  • 西
  • 西磐井郡
  • 通り名
  • 長子