生年月日データベース

福本豊ふくもとゆたか

プロ野球選手、解説者[日本]

1947年 11月7日 生 (満71歳)

福本 豊(ふくもと ゆたか、1947年11月7日 - )は、大阪府大阪市生野区出身で東大阪市育ちの元プロ野球選手(外野手)。
通算盗塁数の日本記録保持者(達成当時はMLB記録も超えた)で、「世界の福本」の異名を持つ。
引退後はコーチを経て主に野球解説者、野球評論家として活動している。
現役通算2543安打、通算208本塁打を記録した確実性とパンチ力を兼ね備えた打撃、歴代1位の通算1065盗塁と通算115三塁打を記録した俊足、主に中堅手として足を生かした広い守備範囲を誇る外野守備で、長池徳二・山田久志・加藤秀司らと共に阪急黄金時代の主力として活躍した。
血液型はB型。
プロ入り前 大鉄高等学校時代は、野球部員のあまりの多さからレギュラーを諦めて球拾いに専念していた。
しかし、練習中に右翼手の守備に就き内野手を務めていた選手の一塁手への送球が逸れた際に、いつもの球拾いの感覚でボールを追いかけたところ、監督に「福本はきちんとファーストのカバーに入るから偉い」と評価され、それ以降右翼手のレギュラーに指名された。

映像作品

関連書籍

ふくもとゆたか [生]1947.11.7.大阪プロ野球選手。大鉄高校から松下電器を経て,1969年阪急ブレーブスに入団。小柄だが,パンチ力のある打撃と俊足で1970年から1番センターの定位置を獲得,75盗塁で盗塁王となる。以後13年間連続盗塁王。1972年には106盗塁の日本記録,1983年6月には通算939盗塁の世界記録(当時)を達成。足に1億円の保険をかけて話題をまく。1988年現役引退。 (引用元 コトバンク)