生年月日データベース

稲田直人いなだなおと

プロ野球選手[日本]

1979年 11月6日 生 (満39歳)

稲田 直人(いなだ なおと、1979年11月6日 - )は、広島県廿日市市出身の元プロ野球選手(内野手)。
引退後は、野球解説者、スポーツキャスター。
プロ入り前 1979年に廿日市市で生まれる。
中学までは投手だったが、広陵高校で遊撃手に転向。
2年次の夏からレギュラーとなり、秋季は中国地区大会にも進出したが、準々決勝で敗れた。
3年夏の全国高等学校野球選手権広島大会では3回戦で広島県瀬戸内高等学校に敗れている。
卒業後は駒澤大学へ進学し、同野球部では1年次からレギュラーを務め、4年秋に大学日本一となった。
東都大学リーグ通算88試合出場、294打数73安打、打率.248、0本塁打、21打点。
大学卒業後はNKKへ入社し、同社の社会人野球チームで活動。
先頭打者として第73回都市対抗野球大会ベスト8進出に貢献し、若獅子賞を獲得した。
NKKと川崎製鉄との経営統合によってチームがJFE西日本硬式野球部となった後も、第74回都市対抗野球大会では1回戦で敗退したが遊撃手としての守備力が買われ、同年秋のプロ野球ドラフト会議で北海道日本ハムファイターズに5巡目で指名され、入団。

プロ野球選手(内野手)。 1979年11月6日生まれ。広島県廿日市市出身。右投左打。 スタメンの駒のやりくりで苦しいチーム事情の中で、スタメン定着を狙う。2006年日本シリーズ第5戦で、久々にスタメン出場を果たし、大舞台にも関わらず2ベースを放ったのは記憶に新しい。 ヒーローインタビューで「なまら最高じゃけんのう」と言ったのは有名な話である。応援歌では、「いなば」と間違えられやすいために、「なおと」と変えられている。登場時にDJ OZMAの「超!!!!」がかかる事から、スタンドの観客同士が肩を組んで横に動く「イナダンス」なるものも新しく出てきた。 ファイターズマガジンの企画では自ら読者の悩み相談に答えるというものにもチャレンジしている。(2007年で終了)2009年のファイターズマガジンでは「イナダの部屋」と題して、選手へのインタビューをする企画も行われていた。 オーダーの若返りに乗じて、「ファースト稲田」が定着してきたが、梨田采配ではスーパーサブ的な内野での起用が目立つ。2009年オフに横浜ベイスターズへ移籍。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 時代
  • 引退
  • キャスター
  • プロ
  • プロ野球
  • 内野手
  • 出演
  • 年度
  • 広島県
  • 廿日市市
  • 成績
  • 打撃
  • 日本ハム
  • 書籍
  • 楽天
  • 横浜
  • 背番号
  • 解説者
  • 記録
  • 詳細
  • 連載
  • 選手
  • 野球
  • 関連
  • いなだ
  • スポーツ
  • ニュース
  • 出身
  • 右投
  • 直人
  • 稲田