生年月日データベース

武幸四郎たけこうしろう

競馬騎手[日本]

1978年 11月3日 生 (満40歳)

武幸四郎 - ウィキペディアより引用

武 幸四郎(たけ こうしろう、1978年11月3日 - )は、日本中央競馬会 (JRA) 栗東所属の騎手。
実兄は武豊。
実父は武邦彦(かつての師匠でもあった)。
初騎乗は1997年3月1日、阪神競馬第1競走でメイショウユリヒメに騎乗し、13頭立ての6着に終わる。
3月2日、マイラーズカップでオースミタイクーンに騎乗し、11番人気で快勝。
初勝利が重賞、さらにはJRA史上最短記録となるデビュー2日目での重賞勝利という快挙を成し遂げた。
同年のJRA賞で最多勝利新人騎手を受賞した。
兄・豊も最多勝利新人騎手を受賞しており、JRA史上初の兄弟受賞であった。
3年目の1999年に自己最多の62勝を挙げ、関西リーディング6位につける。
その後長い間関西リーディングでは上位につけていた。
2000年には秋華賞を10番人気のティコティコタックで勝ち、GI初勝利を挙げる。
2007年ごろを境目に騎乗機会、勝利数ともに下降し始め、2009年には1999年から連続していた連続年重賞勝利もストップ。

関連書籍

DMMメディア

JRA騎手。同じく騎手の、武豊の実弟。父は元騎手で調教師の、武邦彦。 1978年生まれ。同期に、秋山真一郎や勝浦正樹など。 1997年、デビュー二日目にしてマイラーズCでオースミタイクーンに騎乗し、初勝利。初勝利が初重賞制覇という派手なデビューを飾り、また、その年のJRA賞(最多勝利新人騎手)を獲得。期待される若手の一人だが、何となく“一発あける”イメージが強い。しかし最近は一皮剥けてきた感もあり。 2000年の秋華賞、ティコティコタックで初G1獲得。 騎手としてはかなり長身の、身長173cm。 また、騎手界における合コンの帝王として名を馳せる。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 成績
  • 調教師
  • 騎乗
  • エピソード
  • バラエティ
  • 佐野量子
  • 出演
  • 勝利
  • 概要
  • 武豊
  • 武邦彦
  • 競走
  • 管理
  • 記録
  • 関連
  • 騎手
  • 実兄
  • 実父
  • 師匠
  • 所属
  • 栗東
  • 義姉