生年月日データベース

柄本明えもとあきら

俳優[日本]

1948年 11月3日 生 (満70歳)

柄本 明(えもと あきら、1948年11月3日 - )は、日本の俳優、コメディアン。
愛称は、えもっちゃん。
東京都中央区出身。
ノックアウト所属。
東京都立王子工業高等学校機械科卒業。
妻は角替和枝、息子は柄本佑、柄本時生。
来歴・人物 印刷屋の父親の息子として岩手県で生まれた。
父親は、殿山泰司の小学生時代の親友であった。
母方の祖父は東京・銀座で箱屋(芸妓斡旋業)を経営していた。
生家が歌舞伎座の裏手にあったこと、映画や演劇好きの両親・家族に囲まれて幼少期を過ごしたことが、俳優を志すきっかけとなる。
工業高校卒業後、商社に就職。
だが、俳優にあこがれ、金子信雄が主宰する劇団「マールイ」の演劇教室の生徒となり、同じ教室にいた松田優作と知り合う。
NHKの大道具のバイトをしている うちに、1974年に自由劇場へ参加、俳優として起用されるようになった(佐藤B作、笹野高史、吉田日出子などが当時在籍)ものの、串田和美の作風に肌があわず、1976年退団し、同年に自由劇場時代に知り合った、ベンガル・綾田俊樹と共に劇団東京乾電池を結成する。

映像作品

関連書籍

音楽作品

DMMメディア

えもと-あきら 1948-昭和後期-平成時代の俳優。昭和23年11月3日生まれ。昭和51年劇団東京乾電池を結成。喜劇役者として注目され,舞台「蒲田行進曲」,映画「セーラー服と機関銃」「男はつらいよ」などのほかテレビにも出演,人気をあつめる。平成10年「カンゾー先生」で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞,16年「花」「座頭市」ほかで毎日映画コンクール男優助演賞受賞。平成5年映画「空がこんなに青いわけがない」を監督。23年「悪人」「桜田門外ノ変」「ヘヴンズストーリー」「雷桜」などでキネマ旬報ベスト・テン助演男優賞。同年「悪人」で日本アカデミー賞最優秀助演男優賞。27年「松本清張二夜連続ドラマスペシャル坂道の家」で放送文化基金賞演技賞。東京都出身。王子工卒。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • アニメ
  • ラジオ
  • 東京都
  • テレビ
  • テレビドラマ
  • ドキュメンタリー
  • ドラマ
  • ノックアウト
  • 中央区
  • 出演
  • 劇場
  • 学校
  • 安藤サクラ
  • 工業高
  • 映画
  • 木挽町
  • 東京
  • 柄本佑
  • 柄本時生
  • 王子
  • 舞台
  • 角替和枝
  • 都立
  • 銀座
  • 企業
  • 出身
  • 卒業
  • 息子
  • 所属
  • 機械
  • 著書