生年月日データベース

小林旭こばやしあきら

俳優歌手[日本]

1938年 11月3日 生 (満80歳)

小林旭 - 俳優、歌手

小林 旭(こばやし あきら、1938年11月3日 - )は、日本の俳優、歌手である。
本名は同じ。
身長180cm、体重98kg、血液型AB型。
特技は柔道五段、ゴルフ。
愛称は、マイトガイ。
人物・来歴 東京市世田谷区出身。
子役を経て第3期日活ニューフェイスに合格。
母は音楽教室を開いていた。
目黒高等学校を経て明治大学文学部中退。
1956年(昭和31年)、映画『飢える魂』でデビューした。
1959年(昭和34年)公開の映画『南国土佐を後にして』で脚光を浴びる。
以降、映画「渡り鳥」シリーズ、映画「旋風児」シリーズに主演。
石原裕次郎らとともに日活の黄金時代を築く。
しかし興行収入が裕次郎主演作より上だった年もあったが、裕次郎よりギャラは低かった。
1958年(昭和33年)、日本コロムビアより「女を忘れろ」で歌手デビューした。
映画の『ギターを持った渡り鳥』、映画『銀座旋風児(ぎんざマイトガイ)』などの主題歌、挿入歌を歌い、ヒットさせる。
また、「自動車ショー歌」(2005年(平成17年)に放送されたアサヒビールの「カクテルパートナー」のCMソングはこの「自動車ショー歌」をアレンジした「カクパーショー歌」である)、「恋の山手線」などのコミックソング、「昔の名前で出ています」などの演歌も歌っている。

映像作品

関連書籍

音楽作品

【こばやしあきら】 俳優。東京生れ。1955年私立目黒高卒。1956年第3期日活ニューフェースとして入社し,同年川島雄三監督の《飢える魂》でデビュー。同監督《幕末太陽伝》(1957年),桝田利雄監督《錆びたナイフ》(1958年)などで石原裕次郎の助演として個性を発揮し始め,主演の歌謡アクション《南国土佐を後にして》(1959年)がヒット。その後《ギターを持った渡り鳥》(1959年)を始めとする〈渡り鳥シリーズ〉,《海から来た流れ者》(1960年)に始まる〈流れ者シリーズ〉でいわゆる〈無国籍アクション〉のスターとなり,歌手としても人気を博した。1962年美空ひばりと結婚したが,1964年離婚。1970年代には東映でヤクザ映画などに出演。《春来る鬼》(1989年)では監督を務めた。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • タレント
  • 名鑑
  • アルバム
  • エピソード
  • ゴルフ
  • シングル
  • テレビドラマ
  • パロディ
  • 作品
  • 出演
  • 映像
  • 映画
  • 柔道
  • 紅白歌合戦
  • 著作
  • 音楽
  • キログラム
  • センチメートル
  • マイトガイ
  • 愛称
  • 特技