生年月日データベース

藤田太陽ふじたたいよう

プロ野球選手[日本]

1979年 11月1日 生 (満39歳)

藤田太陽 - ウィキペディアより引用

藤田 太陽(ふじた たいよう、1979年11月1日 - )は、秋田県秋田市出身の元プロ野球選手(投手)。
2004年から2008年までの登録名は「太陽」。
プロ入り前 秋田県立新屋高等学校への進学後には、外野手としてのプレーを経て、2年生の秋から本格的に投手へ転向。
3年生夏の全国高等学校野球選手権大会では、秋田大会の2回戦で敗退した。
新屋高校は1回戦で勝ったことがないほどの弱小校であったが、弱いところで活躍したほうがより目立てるという理由で入学したという。
同学年で後にプロから指名された選手としては石川雅規、仁部智、後松重栄(メッツより指名を受けた)がいる。
高校3年生の時点でプロからの誘いがあったが、下位指名が予想されたことと、社会人野球を経て指名されたほうが契約金が高くなるという目論見もあり、川崎製鉄千葉へ入社。
2年目の1999年に頭角を現し、第14回IBAFインターコンチネンタルカップ日本代表に選出され、大会では最優秀防御率賞に輝き日本の3位入賞に貢献した。

関連書籍

プロ野球選手(投手)。背番号15→45→51。 1979年11月1日生まれ。秋田県秋田市出身。右投右打。登録名は「太陽」*1。 新屋高→川崎製鉄千葉→阪神タイガース(2000年ドラフト1位)→埼玉西武ライオンズ(水田圭介とのトレード)→東京ヤクルトスワローズ(テスト入団) 高3夏の県大会は2回戦敗退。社会人では日本代表で99年インターコンチ杯に出場し防御率1位。 03年右ひじ内側側副靱帯を損傷し、手術。04年から登録名を「太陽」に変更。 05年、長いリハビリを終え戦列復帰。 西武へ移籍後は一貫して中継ぎでの起用。2010年からもっぱら勝ちパターンでのセットアッパーの一翼を担う。 2013年。東京ヤクルトスワローズへ移籍。 *1:04〜08年度 (引用元 Hatena Keyword)