生年月日データベース

小栗康平おぐりこうへい

映画監督[日本]

1945年 10月29日 生 (満73歳)

小栗康平 - ウィキペディアより引用

小栗 康平 (おぐり こうへい、1945年10月29日 - ) は、日本の映画監督。
1945年10月29日、群馬県前橋市で生まれる。
前橋高等学校を卒業後、早稲田大学第二文学部に入学。
卒業後、まずはピンク映画の世界に飛び込んだが、ほどなく浦山桐郎の下に弟子入りする。
その後、フリーの助監督として、山本迪夫、大林宣彦、篠田正浩らの助監督を務めた。
この間、1973年に特撮テレビドラマ『流星人間ゾーン』で監督を務めている。
1981年1月に、宮本輝原作による処女作『泥の河』を発表。
キネマ旬報ベスト・テン第1位に選出され、第5回日本アカデミー賞で最優秀監督賞を受賞した。
国外でもモスクワ国際映画祭で銀賞を受賞し、第54回アカデミー賞では外国語映画賞にノミネートされた。
以後、1980年代以降の日本映画の鬼才として認識されることとなる。
1984年11月には、李恢成原作の『伽倻子のために』(かやこのために)を発表。
フランスのジョルジュ・サドゥール賞を日本人として初めて受賞した。
1990年4月、島尾敏雄原作の『死の棘』を発表。
島尾は大島渚や篠田などからの映画化の依頼を頑なに拒否していたが、『泥の河』を賞賛し、小栗には映画化を認めた。

映像作品

関連書籍

音楽作品

  • タイトル
    全曲集/たそがれの橋
    歌手
    発売元
    日本コロムビア
    発売日
    2001年11月21日
    演奏時間
    62分
    新品価格
    ¥ 12,800
    中古商品
    ¥ 102 より
  • タイトル
    枯木灘 残照
    歌手
    発売元
    日本コロムビア
    発売日
    2005年9月07日
    演奏時間
    21分
    新品価格
    ¥ 300
    中古商品
    ¥ 2,549 より

DMMメディア

おぐりこうへい [生]1945.10.29.群馬映画監督。早稲田大学文学部卒業。浦山桐郎監督に師事し,1981年『泥の河』でデビュー。底辺に生きる人々の哀感を情感豊かな映像で描写し,各賞を独占した。84年『伽倻子のために』で日本人で初めてフランスのジョルジュ・サドゥール賞を受賞。90年『死の棘』でカンヌ国際映画祭審査員大賞獲得。寡作ながら,人間の日常にひそむ心理的葛藤,生と死の概念などを追求し続けている。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 映画
  • 助監督
  • テレビ
  • ピンク
  • 作品
  • 前橋
  • 前橋市
  • 卒業
  • 受賞歴
  • 大林宣彦
  • 学校
  • 山本迪夫
  • 文学部
  • 早稲田大学
  • 浦山桐郎
  • 監督
  • 篠田正浩
  • 群馬県
  • 著書
  • 高等
  • スタッフ
  • フリー
  • 世界
  • 入学
  • 弟子入り
  • 県立
  • 群馬