生年月日データベース

マツコ・デラックス

タレント[日本]

1972年 10月26日 生 (満46歳)

マツコ・デラックス - タレント

映像作品

関連書籍

音楽作品

DMMメディア

  • 特別ドラマ企画「天才バカボン2」
  • スペシャルドラマ『天才バカボン〜家族の絆』
    評価 5.00点
  • 富士ファミリー
  • 劇場スジナシ2015春 in 赤坂BLITZ 第三夜 マツコデラックス
  • マツコの知らない世界-極めすぎた女たち 篇-
  • マツコの知らない世界-極めすぎた男たち 篇-
  • 三毛猫ホームズの推理 Blu-ray BOX 6枚組み(本編5枚+特典1枚) (ブルーレイディスク)
  • 三毛猫ホームズの推理 DVD-BOX 6枚組み(本編5枚+特典1枚)
  • 明日やること ゴミ出し 愛想笑い 恋愛。
    評価 3.00点
  • マツコの部屋 アタシ、誰のために生きてるの? 編
  • マツコの部屋 アンタがいるから素直に笑えないのよ 編
    評価 1.00点
  • なぜ、マツコ・デラックスは言いたい放題でも人に好かれるのか? 毒舌を吐きながらも、会う人全員をファンにする心理テクニック
  • 世迷いごと 続
  • 世迷いごと
  • 世迷いごと 続
  • だめんず・うぉ〜か〜 17
  • 世迷いごと

日本の女装タレント、コラムニスト、エッセイスト。1972年10月26日、千葉県生まれ。体重140キロ(120キロに減量したという説もある)、スリーサイズ140センチ(本人談)という見た目のインパクトと、物事の本質に鋭く切り込む物言いなどで人気を得ている。 小学校時代から“ぽっちゃり体型”で、男性が恋愛対象であることを意識していたという。高校卒業後、美容学校を経て、ゲイ雑誌「Badi」(バディ、技術と人間社)の編集者となる。5年ほど勤務して退社し、実家へ戻って約2年間、引きこもり状態の生活を続けていた。だが、「Badi」を読んでマツコの存在を知った小説家・エッセイストの中村うさぎから対談相手として抜擢(ばってき)され、コラムニストとなる。 テレビ初出演は、バラエティ番組「ワンナイR&R」(フジテレビ系列)の前身番組である「エブナイ」だと言われている。初めてのレギュラー番組は2005年の情報番組「5時に夢中!」(TOKYOMX)で、15年4月現在もコメンテーターを続けている。世間の話題などについて、ただ批判するだけでなく、自分が良いと感じたところは率直にほめる、といった姿勢が信頼と好感を得て、15年4月現在、9本のテレビのレギュラー番組と、多くのCMに出演している。 女装については、小学3年ごろから、母親の口紅を塗るなどしていたが、資生堂の企業文化誌を見て、服飾やメイクへの関心が高まり、高校3年ごろから完全に女装するようになった。以前は「女装は自分の性癖であり、趣味」だったが、仕事で女装するようになってからは、プライベートで女装しようと思わなくなったという。 差別や偏見に対する関心が強く、日本財団が14 …… (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 掲載
  • 千葉市
  • インタビュー
  • エイト
  • エピソード
  • タレント
  • テレビ
  • ナチュラル
  • ラジオ
  • 事務所
  • 共著
  • 千葉県
  • 単著
  • 受賞歴
  • 嗜好
  • 女装
  • 対談
  • 文筆
  • 書籍
  • 稲毛区
  • 趣味
  • 連載
  • 進出
  • 雑誌
  • 鼎談
  • エッセイスト
  • 出身
  • 所属
  • 芸能
  • 随筆家