生年月日データベース

アト・ボルドンAto Jabari Boldon

陸上短距離選手[トリニダードトバゴ]

1973年 12月30日 生 (満45歳)

アト・ボルドン - ウィキペディアより引用

アト・ボルドン(Ato Jabari Boldon, 1973年12月30日 - )は、トリニダード・トバゴ出身の元陸上競技選手で、「トバゴの弾丸」の異名を持つ。
4つのオリンピックのメダルを獲得した。
男子短距離走個人種目での4つのメダル獲得は、カール・ルイス、フランク・フレデリクス、ウサイン・ボルトと並んで最多である。
ポートオブスペインに生まれ、14歳のときアメリカに移り、サッカー選手となった。
そこで、彼のスプリントの才能が見出され、1990年代前半にサッカーをやめた。
1992年にはバルセロナオリンピックのトリニダード・トバゴ代表に選ばれ、その後世界ジュニア選手権で100mと200mの優勝を果たした。
1995年世界選手権で100mの銅メダルを獲得、これが初めての国際大会でのメダルとなった。
1996年のアトランタオリンピックでも、再び100mと200mで銅メダルを獲得している。
1997年世界陸上競技選手権大会では200mで優勝している。
これは世界選手権でのトリニダード・トバゴ初の優勝であった。
1998年、マレーシアのクアラルンプールで行われたコモンウェルスゲームズの100mで9秒88のタイムをマークし、ナミビアのフランク・フレデリクス(9秒96で銀)、バルバドスのオバデレ・トンプソン(10秒00で銅)を抑え、優勝を果たした。