生年月日データベース

元木大介もときだいすけ

プロ野球選手[日本]

1971年 12月30日 生 (満47歳)

元木 大介(もとき だいすけ、1971年12月30日 - )は、大阪府豊中市出身の元プロ野球選手(内野手、外野手)。
2013年現在は、野球解説者(TBS「S☆1」、日テレG+「徳光和夫の週刊ジャイアンツ」、「TBSラジオ エキサイトベースボール」TBSラジオ)、タレントなどとして活動中。
所属事務所はケイダッシュグループのアワーソングスクリエイティブ。
プロ入り前 幼少時代は南海ホークスファンで、たびたび大阪球場に足を運び、ホークス友の会に入会していた他、南海OBによって運営されていた少年野球チーム・ジュニアホークスにも入っていた。
小学6年生の頃、当時巨人の監督だった王貞治と対面し、一緒に記念撮影をした際、「プロ野球に入るなら巨人に来いよ」と激励された事に感激して以来巨人ファンに転向したという。
豊中市立第十二中学校時代、バッティング練習中にあまりに打球を飛ばすので学校が近所への迷惑も考え高いネットを張った。
「元木ネット」と言われている。
上宮高校で甲子園に3回出場。
1989年の夏の甲子園では1試合2本塁打を放つなど注目された。

映像作品

関連書籍

DMMメディア

90〜00年代のプロ野球、読売ジャイアンツの選手。現・解説者兼タレント。通称「曲者」、「モッキーナ?」。 右投右打、ポジションは内野手。背番号37→2番。 1971年12月30日生まれ、大阪府出身。血液型O型。 上宮高校時代は4番ショートで活躍。1989年夏の甲子園で2打席連続ホームランを放つ。 読売ジャイアンツ入団を希望していたが、1989年度のドラフトでジャイアンツが1位指名したのは大森剛だった。 福岡ダイエーホークスが野茂英雄の外れ1位として指名してしたが、入団を拒否。ハワイに渡航。 1年間の浪人生活のすえ、1990年ドラフト1位として読売ジャイアンツに入団。 2年目の1992年より一軍に出場。入団当初は高校時代の大砲のイメージを捨てきれず苦労、伸び悩んだ。 1995年、篠塚和典の後釜として二塁手に定着。 持ち合わせのセンスが開花。相手に嫌がられる曲者のイメージがすっかり定着した。 また、隠し球の名手としても鳴らした。 2002年以降は主に代打として活躍。 2005年、現役引退。 現在は、TBSラジオの野球解説者の傍らタレント活動を行っている。 また、モルツ球団にも参加。 夫人はフリーアナウンサーの大神いずみ。   (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 野球
  • 代表
  • 日本
  • 読売ジャイアンツ
  • アワー
  • クリエイティブ
  • ケイダッシュ
  • コーチ
  • ジャイアンツ
  • ソングス
  • タレント
  • プロ野球
  • 一軍
  • 俳優
  • 内野
  • 内野手
  • 外野手
  • 大阪府
  • 守備
  • 徳光和夫
  • 打撃
  • 日テレ
  • 監督
  • 解説者
  • 豊中市
  • 週刊
  • 選手
  • だいすけ
  • もとき
  • オリジナル
  • カル
  • グループ
  • シネマ
  • テレビ
  • ビデオ
  • リプケン
  • 世界
  • 中心
  • 事務所
  • 元木
  • 出身
  • 右打
  • 右投
  • 大介
  • 大会
  • 少年
  • 就任
  • 引退
  • 所属
  • 活動
  • 現在
  • 現役