生年月日データベース

竹内啓たけうちけい

統計学者[日本]

1933年 10月12日 生 (満85歳)

竹内 啓(たけうち けい、1933年10月12日 - )は、日本の数理統計学者、経済学者、科学史家。
東京大学名誉教授、明治学院大学名誉教授、日本学士院会員。
専門分野数理統計学、計量経済学。
専門以外の広範な分野における著作・論述も多数発表している。
業績 経済学・経済理論等においては、分業のアダム・スミスや比較生産費説のデヴィッド・リカード、重農主義/経済表"Tableau economique"のフランソワ・ケネー、人口論等のマルサス・J.S.ミルらの「古典派経済学」、「ケンブリッジ学派」すなわち経済学原理"Principles of Economics"のアルフレッド・マーシャル、一般均衡理論のレオン・ワルラス、経済変動と太陽黒点の相関を提起したジュボンズやメンガーら限界革命学派、限界効用学派らの「新古典派経済学」、カール・マルクス、周恩来と毛沢東、河上肇、講座派および労農派におけるマルクス経済学、確率論に通じ公共投資の理論的依拠とされたケインズ経済学、宇野経済学/原理論、ジョンストン・アービング・フィッシャーらの計量経済学、大塚久雄の大塚史学、サミュエルソンらの新古典派総合、ミルトン・フリードマンのマネタリズム、エドムンド・フェルプスとロバート・ルーカスらの合理的期待形成、スタグニッツ、トービン、ブラック、ショールズらの金融工学等々の経済学の潮流・流派、 思想や哲学においては、特にルネ・デカルト、ゴットフリート・ライプニッツらの合理主義哲学と、ロックやヒュームらのイギリス経験論、慶應義塾・福沢諭吉らの平等主義および啓蒙主義的文明論、 統計学においては、ブレーズ・パスカル、ピエール・ド・フェルマーらの確率論、ピエール・シモン・ラプラス、ゴットフリート=ライプニッツ、カール・フリードリヒ・ガウスによる誤差/正規分布理論、 ……

関連書籍

DMMメディア

たけのうち-ひらく 1828-1868*幕末の尊攘(そんじょう)運動家。文政11年2月生まれ。江戸で国学,儒学,医術をまなび,帰郷後父の跡をついで武蔵(むさし)入間郡(埼玉県)竹内村の名主となる。慶応3年江戸の薩摩(さつま)藩邸にはいり,西山謙之助らと下野(しもつけ)(栃木県)出流山(いずるさん)で挙兵したが,敗れて捕らえられ12月24日処刑された。40歳。本姓は小川。通称は嘉助。号は節斎。 竹内啓たけうち-けい 1933-昭和後期-平成時代の統計学者。昭和8年10月12日生まれ。50年東大教授となり,62年同大先端科学技術研究センター教授。平成6年明治学院大教授。統計学の理論研究で知られ,現代の科学技術社会の諸問題に関する評論もおおい。24年学士院会員。東京出身。東大卒。著作に「数理統計学」「無邪気で危険なエリートたち」など。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 論文
  • 名誉教授
  • 学術
  • エピソード
  • ゼミ
  • 共編
  • 共著
  • 出身者
  • 分野
  • 単著
  • 受賞歴
  • 史家
  • 学士院
  • 家族
  • 専門
  • 日本
  • 明治学院大学
  • 東京大学
  • 業績
  • 科学
  • 竹内
  • 経済
  • 統計
  • 編著
  • 翻訳
  • 英文
  • 著書
  • 計量
  • 会員
  • 報告書
  • 多数
  • 広範
  • 数理
  • 発表
  • 著作
  • 評論
  • 論述