誕生日データベース

アモス・ギタイAmos Gitai

映画監督[イスラエル]

1950年 10月11日

アモス・ギタイ - ウィキペディアより引用
アモス・ギタイ (ヘブライ語: עמוס גיתאי‎、英語: Amos Gitai、1950年10月11日 - ) は、イスラエルのハイファ生まれの映画監督。
中東を舞台にしたドキュメンタリーや長編映画を制作している。
1950年、建築家ムニオ・ワインローブ・ギタイの下に生まれる。
イスラエル工科大学で父と同じく建築学を学び、建築に材をとった実験的な作品を8ミリで撮り始める。
米国に留学し、カリフォルニア大学バークレー校で建築の博士号を取得。
1973年の第四次中東戦争でヘリコプターでの負傷兵救護チームの一員として従軍し、建築の勉強を中断。
従軍中に8ミリでの撮影も行う。
1977年からイスラエル国営テレビで20本ほどのドキュメンタリー作品を制作する。
1979年の『Home』はベルリン国際映画祭、ロッテルダム国際映画祭で上映されたが、国内のテレビ局には上映を拒否された。
レバノン内戦を描いた1982年の『フィールド・ダイアリー』も放映禁止になり、パリに移る。
その後10年間はヨーロッパを拠点とする。
1985年の『エステル』、1989年の『ベルリン・エルサレム』、1992年の『ゴーレム、さまよえる魂』は亡命三部作と呼ばれている。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

「アモス・ギタイ」と関連する人物

連想語句
  • 建築
  • イスラエル
  • 中東
  • 大学
  • 映画
  • 作品
  • エピソード
  • カリフォルニア
  • ハイファ
  • バークレー
  • ヘリコプター
  • 工科
  • 従軍
  • 戦争
  • 監督
  • 関連
  • オン
  • ギタイ
  • チーム
  • テクニ
  • テレビ
  • ドキュメンタリー
  • ムニオ
  • ローブ
  • ワイン
  • 一員
  • 中断
  • 制作
  • 勉強
  • 博士号
  • 国営
  • 建築家
  • 撮影
  • 救護
  • 留学
  • 米国
  • 舞台
  • 負傷兵
  • 長編