生年月日データベース

榎本健一えのもとけんいち

俳優歌手コメディアン[日本]

1904年 10月11日

1970年 1月7日 死去肝硬変享年67歳
榎本健一の最期の言葉
ドラが鳴ってるよ、早くいかなきゃ
榎本健一 - 俳優、歌手、コメディアン

榎本 健一(えのもと けんいち、1904年10月11日 - 1970年1月7日)は、日本の俳優、歌手、コメディアンである。
当初は浅草を拠点としていたが、エノケンの愛称で広く全国に知られていった。
「日本の喜劇王」とも呼ばれ、第二次世界大戦期前後の日本で活躍した。
来歴・人物 生い立ち 東京市赤坂区青山(現在の東京都港区青山)で生まれる。
幼少期に母を亡くし、その家系の祖母が引き取るが、その祖母も死去。
父親の元で育てられるものの、生来のやんちゃな性格が仇となり、学校から親が呼び出されることもしばしばあった。
小学校時代の通信簿に、「修身」で「甲乙丙丁」の落第点である「丁」をつけられて鉛筆で上手に丁の字に線を書き加えて「甲」に見せかけて父親に見せたがすぐに見破られ大叱られしたというエピソードがある。
晩年の述懐によると、当時流行していた『馬賊の歌』に憧れて、満州で馬賊になることも考えていたようだが、浅草に頻繁に遊びに行っていたこともあり、役者になることを志した。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

えのもとけんいち [生]1904.10.11.東京[没]1970.1.7.東京喜劇俳優。通称エノケン。柳田貞一の門下で,1919年東京浅草金竜館で初舞台。カジノ・フォーリー,新カジノ・フォーリー,プペ・ダンサント,ピエル・ブリアントを結成し,浅草でボードビリアンとして人気を得,32年松竹座でエノケン一座を組織した。のち東宝に転籍,舞台,映画に出演,笑いのなかに哀愁性をもった芸風で一般庶民に親しまれた。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • エノケン
  • 日本
  • コメディアン
  • ジュース
  • ダイナ
  • 世界
  • 俳優
  • 勲四等
  • 千金
  • 大戦
  • 小綬
  • 旭日
  • 月光
  • 歌手
  • 浅草
  • 渡辺
  • 紫綬
  • 褒章
  • 青空
  • えのもと
  • けんいち
  • 健一
  • 全国
  • 受賞
  • 喜劇
  • 当初
  • 愛称
  • 拠点
  • 楽曲
  • 榎本
  • 活躍