生年月日データベース

森山大道もりやまだいどう

写真家[日本]

1938年 10月10日 生 (満79歳)

森山 大道(もりやま だいどう、本名:-ひろみち、1938年10月10日 - )は、日本の写真家。
大阪府池田市生まれ。
日本写真批評家協会新人賞、日本写真家協会年度賞、第44回毎日芸術賞受賞、ドイツ写真家協会賞受賞などを受賞。
日本のみならず、海外でも高く評価されている。
アメリカ、イタリア、イギリス、フランス、オーストリア、ベルギー、ドイツ、中国、スペインなどでも個展を開いている。
東京工芸大学客員教授、京都造形芸術大学客員教授、専門学校東京ビジュアルアーツ顧問。
過去に、ワークショップ写真学校や東京写真専門学校(現 東京ビジュアルアーツ)の講師など、さまざまな写真教育活動に当たるなど、教育活動にも力を入れている。
1938年10月10日 大阪府池田町(現池田市)で生誕。
森山家は島根県大田市の出。
 父親の転勤で各地を転々、広島、島根、千葉、東京など育ち、小学校5年の時、大阪に戻る。
1954年 平安高校二部(夜間部)に入学するが中退。
1958年 フリーの商業デザイナーとして、大阪市中央区平野町に事務所を設立。

■ 映像作品

■ 関連書籍

【もりやまだいどう】 写真家。大阪府生れ。1959年神戸の岩宮武二スタジオに入門。1961年写真家によるセルフ・エージェンシー〈VIVO〉への参加を目指して上京するが,同集団解散のため元メンバーの一人細江英公の助手となる。1962年以降,カメラ雑誌を中心に多数作品を発表,コントラストの強い〈アレ・ブレ〉写真で日本写真界に新風を吹き込む。1969年多木浩二,中平卓馬らによる写真同人誌《PROVOKE》に第2号から参加。1976年自主ギャラリー〈Camp〉を設立。写真集に《にっぽん劇場写真帖》(1968年,1996年改訂復刻版),《写真よさようなら》(1972年),《光と影》(1982年),《仲治への旅》(1987年),《サン・ルゥへの手紙》(1990年),《犬の時間》(1995年)など,エッセー集に《犬の記憶》(1984年),《写真との対話》(1985年)などがある。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 学校
  • ビジュアルアーツ
  • 専門
  • 作品
  • 写真
  • 東京
  • ドイツ
  • 協会
  • 受賞
  • 日本
  • 評価
  • アメリカ
  • イギリス
  • イタリア
  • エピソード
  • オーストリア
  • スペイン
  • フランス
  • ベルギー
  • 京都造形芸術大学
  • 写真家
  • 名古屋
  • 客員
  • 教授
  • 教育
  • 東京工芸大学
  • 活動
  • 雑誌等
  • 顧問
  • さまざま
  • ショップ
  • ワーク
  • 中国
  • 中華
  • 人民
  • 個展
  • 共和国
  • 合衆国
  • 年度
  • 批評家
  • 新人
  • 毎日
  • 池田市
  • 海外
  • 芸術
  • 講師
  • 過去