生年月日データベース

羽仁進はにすすむ

映画監督[日本]

1928年 10月10日

羽仁 進(はに すすむ、1928年10月10日 - )は日本の映画監督。
父は歴史家で元参議院議員の羽仁五郎、母は婦人運動家の羽仁説子。
母方の祖父母は自由学園創立者の羽仁吉一と羽仁もと子、父方の祖父は第四十銀行創立者の森宗作。
来歴・人物 祖母の羽仁もと子が創立した自由学園を1947年に卒業後、1年間の共同通信社記者生活を経て、1949年、岩波映画製作所の設立に加わる。
最初は岩波写真文庫の編集などに携わっていたが、1952年に厚生省(現・厚生労働省)がスポンサーとなった『生活と水』で監督デビューする。
1954年の撮った『教室の子供たち』(1955年)で、授業中の子供達の姿を生き生きとフィルムにおさめて大好評となる。
引き続き、1956年に制作した記録映画『絵を描く子どもたち』は、当時の記録映画としては珍しく劇場公開された。
1958年には法隆寺の姿を収めた『法隆寺』も制作した。
1960年にはドキュメンタリーの手法を多用した長編劇映画の『不良少年』を撮り、新境地を開拓した。
プロの俳優は使わず、非行経験のある少年を集めてその経験を即興的に取り入れていきながら撮ったもので、その後のスタイルを決定付けた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

  • タイトル
    メープル・リーフ
    歌手
    発売元
    ウルトラ・ヴァイヴ
    発売日
    2002年6月15日
    新品価格
    ¥ 3,200 より
    中古商品
    ¥ 1,642 より

ドキュメンタリー映画監督・評論家 1928年10月10日 東京生まれ。父はマルクス主義の歴史家・羽仁五郎、母は婦人運動家・羽仁説子。 1947年、父・五郎が参議院議員となると、秘書役をつとめる。 1948年自由学園卒。共同通信社記者となるが、1949年の岩波映画製作所創立に参加し、映画監督となる。作為を排した自由で生き生きとした映像描写は、記録映画に羽仁旋風をまきおこしたが、その基本姿勢は劇映画でも貫かれ、詩情あふれるユニークな作品を創出した。子供たちに対する愛情は、独自の教育論を生み出し、著作活動でも多くの話題を呼んでいる。 代表作として「絵を描く子どもたち」「不良少年」「初恋・地獄篇」。30年に及ぶアフリカロケの集大成ともいうべきビデオシリーズ「動物に学ぶ−生きる」は、大きな反響を呼び、1994年度日本映画ペンクラブ賞などの賞を受けた。 現在はテレビ番組「どうぶつ奇想天外!」において、「羽仁進・マザーアフリカ」シリーズを放送中。 著書に「羽仁進の世界歴史物語」「羽仁進の日本歴史物語」(小学館)「ぼくのワインスト−リー」(中央文庫)「ネコもキリンも見栄をはる」(講談社)等多数。 女優・左幸子は元妻。羽仁未央は左との間の娘。ただし、左幸子との離婚の原因は、アフリカ・ロケ中に左の妹と浮気したことであり、その後、その「妹」と再婚したことは、著作・プロフィールでもほとんどふれられない「タブー」となっている。 なお、その「妹」が、やはり左の妹の女優・左時枝だと、誤解されることが多いが・・。マネージャーをつとめていた、別の妹である。 …… (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 学園
  • 羽仁もと子
  • 自由
  • テレビ
  • 代表作
  • 共同通信社
  • 出演
  • 創立者
  • 受賞歴
  • 吉一
  • 四十
  • 婦人
  • 宗作
  • 羽仁
  • 羽仁五郎
  • 羽仁協子
  • 羽仁説子
  • 運動家
  • 銀行
  • 創立
  • 卒業
  • 教育家
  • 母方
  • 父方
  • 生活
  • 祖母
  • 祖父
  • 祖父母
  • 記者
  • 音楽