生年月日データベース

大内淳義おおうちあつよし

電子技術者経営者、NEC 元会長[日本]

1919年 10月10日 生 (満98歳)

大内 淳義(おおうち あつよし、1919年10月10日 - 1996年4月20日)は、元日本電気会長。

東京府出身。
府立一中を経て、昭和17年に東京大学 東京帝国大学工学部電気工学科卒業。
昭和27年に日本電気入社。
日本電気が30年代初めに半導体や集積回路生産を開始した時からこれに携わり、集積回路設計本部長、43年集積回路事業本部長などを経て、49年取締役、55年副社長、59年、副会長、63年6月会長に就任。
平成2年相談役に退く。

発明協会発明賞 昭和38年
機械振興協会賞 昭和41年
日本産業技術大賞 昭和49年
藍綬褒章 昭和59年
勲二等瑞宝章 平成元年
日本コントラクトブリッジ連盟シニアマスター
ワールド・ブリッジ・フェデレーション(WBF)ワールドライフマスター

■ 関連書籍

連想語句
  • 昭和
  • 回路
  • 集積
  • 日本電気
  • 東京
  • 賞罰
  • ブリッジ
  • マスター
  • ワールド
  • 会長
  • 典拠
  • 半導体
  • 協会
  • 工学科
  • 工学部
  • 平成
  • 府立
  • 日本
  • 発明
  • 管理
  • 電気
  • これ
  • コントラクト
  • シニア
  • フェデレーション
  • ライフ
  • 事業本部
  • 元年
  • 入社
  • 出身
  • 初め
  • 勲二等
  • 卒業
  • 取締役
  • 名称
  • 国際
  • 大学
  • 大賞
  • 就任
  • 帝国
  • 技術
  • 振興
  • 本部長
  • 東京大学
  • 標準
  • 機械
  • 瑞宝章
  • 生産
  • 産業
  • 相談
  • 社長
  • 藍綬
  • 褒章
  • 設計
  • 識別子
  • 連盟
  • 開始