生年月日データベース

トニー・ブレアAnthony Charies Lynton Blair

政治家首相[イギリス]

1953年 5月6日 生 (満65歳)

トニー・ブレア - ウィキペディアより引用

アントニー・チャールズ・リントン・ブレア(Anthony Charles Lynton Blair、1953年5月6日 - )は、イギリスの政治家、弁護士。
首相(第73代)、労働党党首(第18代)、下院議員(7期)を歴任する。
いまだ前近代的・封建的な慣習や制度が残存していたイギリス貴族院において、世襲議員議席数の制限とイギリス最高裁判所の権能独立という二大改革を成し遂げ、本来のあり方に近い権力分立制の確立を達成した。
また、2000年捜査権限規定法を成立させた。
生い立ち スコットランドのエディンバラ生まれ。
父親レオは法廷弁護士、ダラム大学法学講師などを務め、保守党の下部機関「ダラム保守協会」の会長も務めた。
彼は、オーストラリアのアデレードやイングランドのダラムで幼年期のほとんどを過ごす。
ブレアが10歳のころ、父親レオは心臓発作で倒れてしまう。
「スコットランドのイートン校」として知られるエディンバラのフェテス・カレッジを1971年に卒業。
そこでの人間関係で、後に彼が大法官に任命することになるチャールズ・ファルコナーに出会った。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

連想語句
  • イギリス
  • 政治家
  • 首相
  • トニー
  • フェース
  • ブレア
  • 信仰
  • 分立
  • 労働党
  • 弁護士
  • 最高
  • 権力
  • 私生活
  • 裁判所
  • 議員
  • 財団
  • 貴族院
  • 転身
  • 退陣
  • あり方
  • 下院
  • 世襲
  • 二大
  • 党首
  • 制度
  • 制限
  • 庶民
  • 慣習
  • 成立
  • 捜査
  • 改革
  • 本来
  • 権能
  • 権限
  • 歴任
  • 残存
  • 独立
  • 確立
  • 規定
  • 議席
  • 達成