誕生日データベース

山下菊二やましたきくじ

画家[日本]

1919年 10月8日

1986年 11月23日 死去享年68歳
山下 菊二(やました きくじ 1919年10月8日 - 1986年11月23日)は日本の画家。
徳島県三好市に生まれる。
1937年、香川県立工芸学校卒業。
翌1938年に上京し、福沢一郎の絵画研究所に入る。
1944年から1949年まで東宝映画教育映画部に勤務、この間、応召による戦場体験と1946年から1948年までの東宝争議を体験した。
1949年、美術文化協会の会員になるが、翌年、退会。
以後、多くの会を結成、あるいは参加。
また、日本共産党に入党し、山村工作隊にも参加した。
1952年、小河内村でのダム反対闘争に参加。
以後、松川裁判、安保闘争、狭山裁判などに関与。
兄の谷口董美も画家。
新潮文庫の大江健三郎作品の表紙を描いた。
1975年に、筋萎縮症と判断される。
1986年、死去。
権力や差別、天皇制や庶民意識の問題と向かい合い、渾沌たる現実を超現実主義の方法で戯画化したり、探訪絵画を創案して、事件を紙芝居化するなど、その絵画は、戦後史の証言ともなる重要なものである。

■ 映像作品

■ 関連書籍

「山下菊二」と関連する人物

連想語句
  • 東宝
  • 参加
  • 映画
  • 闘争
  • 三好市
  • 争議
  • 事件
  • 以後
  • 体験
  • 共産党
  • 学校
  • 安保
  • 展覧会
  • 山村
  • 工作
  • 工芸
  • 徳島県
  • 教育
  • 日本
  • 松川
  • 狭山
  • 画集
  • 県立
  • 福沢一郎
  • 裁判
  • 関連
  • 香川
  • ダム
  • 上京
  • 会員
  • 入党
  • 内村
  • 勤務
  • 卒業
  • 協会
  • 反対
  • 多く
  • 小河
  • 応召
  • 戦場
  • 文化
  • 東京都
  • 河内村
  • 研究所
  • 結成
  • 絵画
  • 美術
  • 翌年
  • 退会
  • 高松
  • 高等