生年月日データベース

野上弥生子のがみやえこ

作家[日本]

1885年 5月6日

1985年 3月30日 死去老衰享年101歳
野上弥生子 - ウィキペディアより引用

野上 弥生子(のがみ やえこ、本名:野上 ヤヱ(のがみ やゑ)、旧姓小手川、1885年(明治18年)5月6日 - 1985年(昭和60年)3月30日) は、日本の小説家。
大分県臼杵市生まれ。
フンドーキン醤油の創業家に生まれる。
14歳の時に上京し、明治女学校に入学。
夏目漱石門下の野上豊一郎と結婚する。
『ホトトギス』に『縁』を掲載して作家デビュー。
以来、死去するまで現役の作家として活躍する。
法政大学女子高等学校名誉校長も務め、「女性である前にまず人間であれ」の言を残す。
昭和初年のプロレタリア文学が流行した時代には、社会進歩のための活動の中にあった非人間的な行動を追及した『真知子』を発表する一方で、思想と行動について悩む青年に焦点をあてた『若い息子』『哀しき少年』などを書き、また日本が戦争へ傾斜していく時期には、時流を批判した『黒い行列』(戦後、大幅に加筆して長編『迷路』に発展させる)と、良識ある知識階級の立場からの批判的リアリズムの文学を多く生み出した。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

  • タイトル
    浜辺の歌
    歌手
    発売元
    プラッツ
    発売日
    2001年10月20日
    新品価格
    ¥ 2,179 より
    中古商品
    ¥ 300 より

のがみやえこ [生]1885.5.6.大分,臼杵[没]1985.3.30.東京小説家。本名,ヤヱ。1906年明治女学校高等科卒業。同年野上豊一郎と結婚,その縁で夏目漱石門下となり『縁(えにし)』(1907)を発表。以来文壇の圏外にいながら『海神丸』(22),『大石良雄』(26)などを書き,昭和に入ると『真知子』(28~30),『若い息子』(32),『迷路』(6部,36~56)などの社会小説を発表。堅実な写実的手法と時代への関心,知性を基調とするヒューマニズムで長い作家生命をもった。ほかに『秀吉と利休』(62~63),随筆集『鬼女山房記』(64),『一隅の記』(68)などがあり,72年から自伝的小説『森』を執筆していたが完成間近で絶筆,遺作となった。芸術院会員。65年文化功労者。71年文化勲章受章。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • フンドーキン
  • ホトトギス
  • 作家
  • 受賞歴
  • 夏目漱石
  • 大分県
  • 女学校
  • 小説家
  • 施設
  • 日本
  • 明治
  • 翻訳
  • 臼杵市
  • 著書
  • 親族
  • 豊一郎
  • 醤油
  • 野上
  • 関連
  • デビュー
  • 上京
  • 入学
  • 創業家
  • 掲載
  • 死去
  • 活躍
  • 現役
  • 結婚
  • 門下
  • 雑誌