生年月日データベース

ウォルト・ロストウWalt Whitman Rostow

経済学者[アメリカ]

1916年 10月7日

2003年 2月13日 死去享年88歳
ウォルト・ロストウ - ウィキペディアより引用

ウォルト・ホイットマン・ロストウ(英語: Walt Whitman Rostow、1916年10月7日 - 2003年2月13日)は、アメリカ合衆国の経済学者。
W・W・ロストウと呼ばれることも少なくない。
独自の経済発展段階説を組み立てた。
その中の用語である「テイク・オフ(離陸)」は広く知られ、経済史の議論にも一時期影響を及ぼした(経済成長史学と呼ばれることもある)。
ベスト・アンド・ブライテストの一人であり、アイゼンハワー・ケネディ・ジョンソン政権の政策決定に深く関与し、イスラエルの核開発計画にも絡むなど「アメリカのラスプーチン」と呼ばれた。
法学者でイェール大学教授・政治問題担当国務次官を務めたユージン・ロストウは兄。
1916年 ニューヨーク市のロシア系ユダヤ人の家庭に生まれる。
名前はウォルト・ホイットマンに由来する。
1936年 飛び級を重ね、イェール大学を最年少で卒業する。
この頃は共産主義者で有名だった。
1938年 ローズ奨学生を得てオックスフォード大学のベリオル・カレッジに進み、MAを取る。

連想語句
  • 経済
  • アイゼンハワー
  • アメリカ
  • アンド
  • テスト
  • ブライ
  • ベスト
  • 共著
  • 出典
  • 単著
  • 合衆国
  • 学者
  • 業績
  • 段階
  • 発展
  • 編著
  • 著書
  • 関連
  • オフ
  • テイク
  • ドワイト
  • ロストウ
  • 一人
  • 一時期
  • 史学
  • 影響
  • 成長
  • 用語
  • 議論
  • 離陸