誕生日データベース

カトリン・ドーレ

マラソンランナー[東ドイツ]

1961年 10月6日

カトリン・ドーレ・ハイニッヒ(Katrin Dörre-Heinig, 1961年10月6日 - )は、ドイツ(旧東独)のライプツィヒ出身の元女子長距離走・マラソンランナー。
マラソンでは1980年代前半から1990年代後半にかけて長きにわたって活躍。
日本の女子マラソン大会にも何度か出走しており、ゴール後の笑顔がチャーミングで日本からも彼女のファンが多かった。
名前は「デーレ」と表記されることもあった。
当初はトラック選手で、1980年には3000m以上の長距離種目で東ドイツ記録を樹立。
1982年にカール=マルクス=シュタット(現・ケムニッツ)で初マラソン(2時間45分54秒)を走る。
1984年1月の大阪女子マラソン(現・大阪国際女子マラソン)で日本のレースに初めて出場する。
彼女の来日に当たっては、日本陸連理事の帖佐寛章が二度にわたって東ドイツに赴き、東ドイツ陸連と出場の交渉に当たった(出典:『マラソンへの憧憬 - 帖佐寛章伝』ベースボール・マガジン社、2008年)。
連想語句
  • マラソン
  • 日本
  • 女子
  • ドイツ
  • レース
  • 大阪
  • 帖佐寛章
  • 長距離
  • オリンピック
  • カール
  • ケムニッツ
  • シュ
  • タット
  • トラック
  • マルクス
  • ロサンゼルス
  • 出場
  • 国際
  • 増田明美
  • 彼女
  • ゴール
  • チャーミング
  • デーレ
  • ファン
  • ベースボール
  • マガジン
  • ランナー
  • 下馬評
  • 交渉
  • 代表
  • 何度か
  • 出典
  • 出走
  • 前半
  • 名前
  • 大会
  • 序盤
  • 当初
  • 後半
  • 憧憬
  • 日本陸連
  • 本番
  • 来日
  • 樹立
  • 活躍
  • 独走
  • 理事
  • 種目
  • 競走
  • 笑顔
  • 記録
  • 連盟
  • 選手
  • 陸上競技
  • 陸連