生年月日データベース

中沢けいなかざわけい

作家[日本]

1959年 10月6日

中沢 けい(なかざわ けい、1959年10月6日 - )は、日本の小説家、法政大学教授。
人物・来歴 千葉県館山市出身。
千葉県立安房高等学校卒業。
1978年明治大学政治経済学部経済学科に入学し、同年「海を感じる時」で第21回群像新人文学賞を受賞した。
1982年明大卒業。
1985年には『水平線上にて』で第7回野間文芸新人賞を受賞した。
21歳で出版社社員と結婚、二児を産んだが離婚。
シングルマザーとして親子関係や子育てに関しての発言も多い。
西部邁主宰の雑誌『発言者』に、1999年から2000年「思考の原器」、2000年から2005年まで「器物愛玩」を連載した。
2005年法政大学文学部日本文学科教授に就任。
「法政文芸」編集長も務める。
BRC(放送と人権等権利に関する委員会)委員となっている。
2013年『楽隊のうさぎ』が鈴木卓爾監督で映画化された。
中沢作品初の映画化となる。
有田芳生と仲がよく、のりこえネット『ヘイトスピーチってなに? レイシズムってどんなこと? 』(のりこえブックス)2014年4月23日刊行で、中沢が日本のレイシズムの事例項目を担当している。

■ 関連書籍

連想語句
  • 新人
  • 経済
  • 千葉
  • 千葉県
  • 卒業
  • 受賞
  • 大学
  • 学校
  • 学部
  • 安房
  • 政治
  • 文学
  • 文芸
  • 明治
  • 発言者
  • 県立
  • 群像
  • 著書
  • 西部邁
  • 野間
  • 雑誌
  • 館山市
  • 高等
  • シングル
  • マザー
  • 一人
  • 主宰
  • 入学
  • 出版社
  • 出身
  • 原器
  • 同年
  • 器物
  • 子育て
  • 学科
  • 家庭
  • 思考
  • 愛玩
  • 明治大学
  • 水平線
  • 法政大学
  • 発言
  • 社員
  • 結婚
  • 親子
  • 連載
  • 関係
  • 離婚