生年月日データベース

北島三郎きたじまさぶろう

演歌歌手[日本]

1936年 10月4日

北島三郎 - ウィキペディアより引用

北島 三郎(きたじま さぶろう、1936年(昭和11年)10月4日 - )は、日本の演歌歌手、俳優、作詞家、作曲家、馬主。
『函館の女』に始まる「女」シリーズ、『兄弟仁義』などの「任侠」シリーズなど、数多くのヒット曲がある。
一般にはサブちゃんという愛称で呼ばれているが、原 譲二(はら じょうじ)のペンネームでも知られ、自身の楽曲の作詞・作曲ばかりでなく、自身の舞台のシナリオ・演出や、北島ファミリーはじめ、他の演歌歌手への楽曲提供など、マルチな活動を精力的に行っている。
作曲家・船村徹門下出身で、門下生で作る「船村徹同門会」(会長・鳥羽一郎)では名誉相談役を務める。
デビューまで 北海道上磯郡知内村(現:知内町)出身。
北海道函館西高等学校に進学した。
高校時代の北島は、海で溺れた小学生を救助したという逸話がある(この人命救助の件は当時の『函館新聞』にも掲載され、その記事が函館市の北島三郎記念館に飾られている)。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

日本の演歌歌手。1936年10月4日生まれ、北海道出身。 54年に歌手を目指して上京、東京声専音楽学校に入学した。流しの歌手として活動していたところ、作曲家の船村徹と出会って門下生となり、62年「ブンカチャ節」でデビュー、同年に「なみだ船」で第4回日本レコード大賞・新人賞を受賞した。65年に「兄弟仁義」、「帰ろかな」、「函館の女」と立て続けにヒットを飛ばして演歌歌手としての人気を確立。72年に北島音楽事務所を設立して独立し、78年「与作」、80年「風雪ながれ旅」、84年「まつり」などをヒットさせた。 その後、日本レコード大賞では86年に「北の漁場」で最優秀歌唱賞、90年に特別賞、91年に「北の大地」(星野哲郎作詞、船村徹作曲)で大賞、96年に美空ひばりメモリアル選奨を受賞した。演歌の大御所としての地位を不動のものにする一方、98年にはNHKアニメ「おじゃる丸」の主題歌「詠人」を歌うなど、新たな分野にも挑戦。2010年には、シングル「夫婦一生」がオリコン週間シングルチャートで初登場10位を獲得し、トップ10入りの最年長記録を樹立した。 1963年NHK紅白歌合戦に初出場して以来、2012年まで歴代最多の49回出場記録を持つ。13年の出場と、11回目となる大トリを務めることも決定した。通算50回目の出場となることから、同年で紅白を引退すると表明。出場者の「演歌枠」が年々減少しているため、「先輩がいつまでも壁になっているのはよくない」と、後進に道を譲ることを紅白引退の理由に挙げた。座長公演も15年1月を最後とする見通しだが、歌手活動は引退せず紅白出場以外は継続する意向を示している。 歌手活動の一方で、「原 …… (引用元 コトバンク)

連想語句
  • アルバム
  • デビュー
  • 楽曲
  • 作曲家
  • 提供
  • 演歌
  • 船村徹
  • シリーズ
  • シングル
  • ファミリー
  • ライブ
  • 人気
  • 仁義
  • 作詞家
  • 兄弟
  • 函館
  • 北島
  • 名誉
  • 大御所
  • 歌碑
  • 相談
  • 確立
  • 自身
  • 記念館
  • 馬主
  • 鳥羽一郎
  • じょうじ
  • はら
  • サブ
  • シナリオ
  • ヒット曲
  • ペンネーム
  • マルチ
  • 一般
  • 任侠
  • 会長
  • 作曲
  • 作詞
  • 出身
  • 同門
  • 多く
  • 愛称
  • 歌手
  • 活動
  • 演出
  • 脚本
  • 舞台
  • 譲二
  • 門下
  • 門下生