誕生日データベース

ジョン・アタナソフJohn Vincent Atanasoff

技術者[アメリカ]

1904年 10月4日

ジョン・アタナソフ - ウィキペディアより引用

ファイル:John.atanasoff.jpeg thumb right ジョン・アタナソフ
ジョン・ヴィンセント・アタナソフ(John Vincent Atanasoff、Джон Винсент Атанасов1903年10月4日 - 1995年6月15日)は、ブルガリア人の家系に生まれたアメリカ合衆国#国民 アメリカ人物理学者。
1973年、ハネウェルとスペリー スペリーランドの特許に関する裁判で、アタナソフは電気式自動デジタルコンピュータの発明者とされた。
彼が開発したのは特殊用途のアタナソフ&ベリー・コンピュータである。

電気技師の子としてニューヨーク州ハミルトン町 (ニューヨーク州) ハミルトン町で生まれたアタナソフは、フロリダ州 ブリュースター(Brewster) で育った。
9歳のとき、彼は計算尺の使い方を覚え、すぐに対数も勉強し、2年で高校を卒業。
1925年、アタナソフはフロリダ大学を優秀な成績で卒業し、電気工学の学士号を得た。

■ 関連書籍

世界最初の電子計算機の発明者。1903年米ニューヨーク州生まれ。米アイオワ州立大学の教授時代に真空管を使った2進演算ができる機械「アタナソフ・ベリー・コンピューター(ABCマシン)」を発明した。しかし、当時はその存在が一般に知られることはなかった。戦後、世界最初のコンピューターとして名声を得ていた「ENIAC」の特許をめぐって係争が起こった。この係争において、「ENIAC」はジョン・アタナソフ氏の原理を受け継いで発明されたコンピューターであると裁定され、米国内では、世界最初の電子計算機の発明者として認知されるようになった。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 特許
  • アタナソフ
  • コンピュータ
  • 開発
  • ウェル
  • スペリー
  • ハネ
  • ブルガリア
  • ベリー
  • モークリー
  • 出典
  • 学生
  • 学者
  • 工学
  • 戦後
  • 時代
  • 栄誉
  • 物理
  • 紛争
  • 訴訟
  • 関連
  • 電気
  • いくつか
  • アメリカ
  • アメリカ人
  • ランド
  • 企業
  • 先行
  • 合衆国
  • 同機
  • 喧伝
  • 国民
  • 大学
  • 息子
  • 戦時
  • 所長
  • 担当
  • 政府
  • 教授
  • 有名
  • 歴任
  • 由来
  • 発明家
  • 発明者
  • 移民
  • 認定
  • 重役
  • 開発者